CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
支え合う社会 等(鳩山内閣メールマガジン、IB Times) [2010年02月28日(Sun)]
2010(平成22)年02月25日(木)
鳩山内閣メールマガジン
トップ>メールマガジン>鳩山内閣バックナンバー>第20号

鳩山内閣メールマガジン
(第20号 2010/02/25)

鳩山由紀夫の「ゆう&あい」

[支え合う社会]
http://www.mmz.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2010/0225/index.html



先週末、地域の方々にひらかれた小学校を訪問するとともに、
防犯活動を通じて安全・安心なまちづくりに取り組む団体、
産後のお母さんたちを支える方々に、それぞれお会いしました。

訪問した小学校では、地域の方々がボランティアとして、
クラブ活動などに積極的に関わっていました。
私も、学校と地域の方々が一緒になって
子どもたちに吹奏楽や竹とんぼづくりを教えている現場を
見ることができました。

この小学校では、ボランティアの学習アドバイザーが
登録されています。
たとえば、分数が苦手な子どもに付き添って、
分かるまで丁寧に教えてあげているそうです。

こうしたボランティアの方々が、子どもたちに教え、
子どもたちが「できた」「分かった」と目を輝かせ、
その笑顔がボランティアの方々に返ってくる。

ボランティアの方々も、
教えることに幸せを感じておられるのです。

幸せを与えることで、自らも幸せを感じる。
それこそ、目指すべき「新しい公共」の
ひとつの姿ではないでしょうか。



また、今回の訪問で特に印象的だったのは、
それぞれの団体の中心的な役割を、
女性の方々が担っていたことです。

女性のパワーや魅力を発揮しやすい環境を、
私たちの生活の真ん中にうまく整えていくことが、
重要だと感じました。

1人ひとりが幸せを感じ取れるような社会、
居場所というものを1人ひとりが持てる社会を
創り上げていきたい。

今回の訪問を通じて、そのような思いを改めて強く感じました。



一方、わが国では、1日に約90人、年間3万を超える人々が
自殺で亡くなるという状況が12年間続いています。
誠に痛ましい事態です。

私は、所信表明演説で、息子さんを自殺で亡くした
おばあさんの話をしました。

自らいのちを断つ人が後を絶たない、
しかも政治も行政もそのことに全く鈍感になっている。
私は、これを正していきたいと思います。

3月は、例年、自殺者数が最も多くなります。
そこで私たちは、この3月を、政府として初めて
「自殺対策強化月間」と定め、
さまざまな悩みを抱える方々に対して、
それぞれの立場に立った施策を進めていくこととしました。



そのひとつとして、「睡眠」を切り口としたキャンペーンを
実施します。

疲れているのに2週間以上十分眠れていないのは
「うつ」のサインだそうです。

不眠に悩む人が近くにいたら、
思い切ってお医者さんに診てもらうよう勧めましょう。
ハローワークや職場での心の健康相談にも力を入れてまいります。

自殺をめぐる問題は大変複雑ですが、
まずは身の回りの人たちへの心配りから始めてみませんか。

不安を抱えた人に手を差しのべ、
1人でも多くの人々のいのちを守る社会、支え合う社会にしたい、
それが、私の切なる願いです。



プロフィール

生年月日 昭和22年 2月11日
出 身 地 東京都
血 液 型 O型

衆議院議員
北海道第9区(室蘭市、苫小牧市、登別市、伊達市、
       胆振支庁管内、日高支庁管内)当選8回

鳩山内閣メールマガジン 2010年02月25日(木)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2010(平成22)年02月26日(金)
IB Times
ホーム>政治・社会>鳩山由紀夫内閣

政治・社会
自殺最多月を控え、首相が抑止へ協力呼びかけ
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/100226/51248.html

鳩山由紀夫首相は3月は例年、自殺者が最も多い月だとして、
25日のメールマガジンで
不眠に着目した自殺防止キャンペーンの展開をアピールし

「疲れているのに2週間以上十分眠れていないのは
 『うつ』のサインだそうです。
 不眠に悩む人が近くにいたら、
 思い切ってお医者さんに診てもらうよう勧めましょう」

と協力を呼びかけた。

政府は3月を自殺対策強化月間と位置づけ、
ハローワークや職場でのこころの健康相談にも力を入れる。

国内においては、ここ12年連続して
年間の自殺者が3万人を超えており、閣僚の中には

「うつ対策基本法のようなものが将来必要ではないか、
 また、多重債務問題への積極的取り組みが必要などの意見も
 聞かれている」

という。

鳩山首相は

「自殺をめぐる問題は大変複雑だが、
 不安を抱えた人に手を差しのべ、
 1人でも多くの人々のいのちを守る社会、
 支え合う社会にしたい」

と友愛社会の実現への思いを語っている。

(編集担当:福角忠夫)

IB Times 2010年02月26日(金)11時00分
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック