CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
自殺食い止めへ一般開業医と精神科医連携 神戸(神戸新聞) [2010年02月23日(Tue)]
2010(平成22)年02月23日(火)
神戸新聞
ホーム>社会

自殺食い止めへ一般開業医と精神科医連携 神戸
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002733920.shtml

全国の自殺者が12年連続で3万人を超える中、
神戸市医師会は3月から、一般のかかりつけ医と精神科専門医
の連携を緊密にする「神戸G-Pネットワーク」を稼働させる。

自殺の大きな要因となっているうつ病などをかかりつけ医が
早期発見し、専門医や総合病院と連携し、
自殺を食い止めるのが狙いだ。

兵庫県内では1998年、自殺者が1,000人を超えて以降、
高止まりの傾向が続いている。

2008年、1300人を切ったが、
09年は再び増加し、1,354人になった。

このため、同市医師会は08年12月から、
神戸市や県精神科病院協会、県精神神経科診療所協会など
とともに検討委員会を設置し、同ネットワーク設置を決めた。

同医師会によると、情報を集約するセンターを、
精神科専門病院内に設置。
精神保健福祉士が、一般のかかりつけ医と専門医のつなぎ役を
務め、患者の治療状況などについて追跡調査もする。

具体的には、
同医師会会員の1,500開業医を受診した患者に、
▽幻覚、妄想などの訴えがある
▽自殺念慮が強い

−などの症状が出た場合は、同センターを通じ
計20カ所の専門診療所、専門病院に
患者の容体や生活状況を記した「G票」を送り、患者を紹介する。

また、約130カ所はうつ病などの早期治療を施す
「登録かかりつけ医」に指定する。

専門医は患者を治療するとともに、
病名や治療計画、薬の処方内容を記した
「P票」を作り、かかりつけ医と情報を共有。

そのほかの病気との合併症がある場合などは
総合病院とも連携する。

同医師会の近藤誠宏理事(55)は
「将来的には、産業医や企業、学校にも
 ネットワークに入ってもらい、県内全域の取り組みにしたい」

と話す。

同医師会は、同ネットワークの稼働に合わせ、
3月20日午後2〜4時半、同市中央区橘通4の
市医師会ホールで「神戸自殺総合対策拡大会議」を開き、
民間団体との連携を考える。

入場無料。定員100人。
申し込みは同12日まで。
神戸市医師会 TEL 078・351・1410

(高田康夫)

神戸新聞 2010年02月23日(火)08時35分
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック