CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
自殺予防キャンペーンを活かすには(いきる|自殺予防総合対策センター) [2010年02月28日(Sun)]
2010(平成)年02月22日(月)
いきる(自殺予防総合対策センター)
ホーム>トピックス>「自殺予防キャンペーンを活かすには」
を更新しました。

自殺予防キャンペーンを活かすには
http://ikiru.ncnp.go.jp/ikiru-hp/

各地で、自殺予防を目的とした「キャンペーン」
が行われています。

しかし、「自殺」という言葉を多用・強調したキャンペーンは、
人々の脳裏に「自殺」を植えつけます。

困難な問題に直面した人は、その結果、問題を解決するための
手法として自殺を考えてしまうかもしれません。
WHOマスメディアガイドラインですべきでないとされている
「過度な自殺報道」となる懸念があります。



例えば、近年、いくつかの地域で、うつ病への気づきを高め、
受診行動を促すことを目的とした「睡眠キャンペーン」が
行われています。

「睡眠」という言葉が使用されており、
過度な「自殺」という言葉の使用を避ける工夫がなされています。

一方、睡眠キャンペーンの効果は、
不眠に気づいた人たちが、医療機関を受診し、
更に、不眠患者を診察した医師が安易に睡眠薬を処方し続ける
ことなく、うつ病などの背後の精神障害を疑い、
適切に対処することで、ようやく発揮されます。

しかし、不眠に気づいた人が、
安易に睡眠薬を使用したり、
アルコールを頼ったりすれば、
目的とした効果が得られないどころか逆効果となります。



先進的に睡眠キャンペーンを行っている地域では、
うつ病への対応についてかかりつけ医を教育し、
さらに、かかりつけ医と精神科医との連携体制を構築したうえで
実施しています。

アルコール問題の啓発、

かかりつけ医のうつ病対応能力向上、

かかりつけ医と精神科医の連携体制構築

などをキャンペーンの実施と組み合わせることで、
キャンペーン単独で実施するよりも
大きな効果が得られるでしょう。



自殺予防の領域にはエビデンスが確立していない活動が
多くあります。
キャンペーンを実施する際には、
意図しない副作用が生じないための配慮と工夫が望まれます。

いきる(自殺予防総合対策センター) 2010年02月22日(月)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック