CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
三浦の未来語る、神奈川歯科大が開学100周年記念シンポ/横須賀(神奈川新聞) [2010年02月20日(Sat)]
2010(平成22)年02月20日(土)
カナロコ(神奈川新聞)
トップ>ニュース>ローカルニュース

三浦の未来語る、神奈川歯科大が
開学100周年記念シンポ/横須賀
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1002200017/

神奈川歯科大(久保田英朗学長)の開学100周年を
記念したシンポジウムが20日、横須賀市稲岡町の
同大学大講堂で開かれた。

健康・長寿をテーマにした第1部に続き、
「三浦半島の明るい未来を語る」
と題した第2部では、三浦半島地域の3市1町の首長と
3人の衆院議員が登壇し、パネル討論が行われた。

健康増進やまちづくりなどで意見交換した。
小泉進次郎衆院議員(自民)は
「第1次産業の活性化や環境保全、子育て施策の整備が必要」、

横粂勝仁衆院議員(民主)は
「三浦半島を健康半島にするために幅広い取り組みを」、

古屋範子衆院議員(公明)は
「女性の健康をサポートする施策に力を入れたい」
などと述べた。

また、吉田雄人横須賀市長は
「妊婦健診の補助や自殺防止対策の充実を図りたい」、

平井竜一逗子市長は
「市民が日常的にスポーツをする環境づくりを推進する」
と強調。

吉田英男三浦市長は
「お年寄りが健康で暮らせる安心なまちづくりを」、

森 英二葉山町長は
「3市1町で連携した観光などの取り組みがあっていいのでは」
と話した。

神奈川新聞 2010年02月20日(土)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2010(平成22)年02月19日(金)
カナロコ(神奈川新聞)
トップ>ニュース ローカルニュース

10年度予算案発表、3年連続の総額減少/三浦市
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1002190038/

三浦市の吉田英男市長は19日、総額350億3,300万円
(前年度当初比0.3%減)となる2010年度当初予算案を
発表した。

総額は3年連続減少し、一般会計は170億2,500万円
(2.9%減)で、2年ぶりのマイナス編成。

政府が実施する「子ども手当」による増額分の4億6,700万円
を差し引いた実質は、5.5%減の165億5,800万円。
3月3日開会の市議会定例会に提案される。

吉田市長は
「財政状況が従来以上に極めて厳しい」
と説明。

経常的に掛かる経費の削減をはじめ、人件費の削減や
事業の見直しを行う一方、市内の景気対策として
09年度と10年度の切れ目ない予算編成を行ったとした。

一般会計の歳入の約40%を占める市税は景気低迷の影響を
受け、5.1%減の67億2,300万円を計上。
個人市民税は5.4%減の 25億円、
法人市民税は3.8%減の  2億7,500万円、
固定資産税は5.4%減の 29億  400万円を見込んだ。

財源不足は、事業の徹底的な見直しと、
地方交付税の増額  (5億3,300万円増)や
臨時財政対策債の増額(3億5,000万円増)で対応した。

歳出では、通院医療費の対象を現行の就学前から
小学1年に広げる小児医療費助成事業に7,700万円、
し尿と浄化槽汚泥処理の民間委託に1億5,400万円
を計上した。

な新規事業は次の通り。

▽スポーツ施設運営管理事業(公園・体育施設、8,100万円)
▽農業後継者対策事業  (16万円)
▼地域自殺対策事業  (100万円)
▽普通財産活用処分事業(260万円)

神奈川新聞 2010年02月19日(金)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック