CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
改正貸金業法:「早期完全施行を」 あすなろの会などが陳情−−高松/香川 等(毎日新聞) [2010年02月20日(Sat)]
2010(平成22)年02月20日(土)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>香川

改正貸金業法:「早期完全施行を」
あすなろの会などが陳情−−高松/香川
http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20100220ddlk37040530000c.html

多重債務被害の救済などに取り組む
反貧困全国キャラバン県実行委員会や高松あすなろの会などは
18日、改正貸金業法の早期完全施行を国に求める意見書を
採択するよう、高松市議会に陳情書を提出した。

同法は、07年から段階的に施行。
今年6月までに、金利の上限を実質29.2%から
20%に引き下げ、個人の借入総額を年収の3分の1以内とする
「総量規制」などが実施され、完全施行となる。

一方、貸金業界などは完全施行凍結や規制の緩和などを
求めている。
金融庁は昨年11月、同法の規制のあり方を検討する
プロジェクトチームを設置した。

法改正には、多重債務による自殺などが社会問題化した
背景があり、県実行委員長の兼光弘幸弁護士は

「規制を緩和した場合、利用者の支払い能力を超える貸し付けを
 許すことになり、法改正の意味がなくなる。
 多重債務問題解決に協力してほしい」

と訴えた。

2月1日現在、26都道府県議会、380市町村議会が
意見書を採択したといい、県内の全市町議会にも陳情する方針。

【中村好見】

毎日新聞 地方版 2010年02月20日(土)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2010(平成22)年02月20日(土)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>香川>うちわ話

数年前、ヤミ金融の取り立てに苦しむ人を取材した…/香川
http://mainichi.jp/area/kagawa/uchiwa/news/20100220ddlk37070539000c.html

数年前、ヤミ金融の取り立てに苦しむ人を取材した。
親類の借金なのに、近所にも「金返せ」と
電話やビラで督促がある。親類は自殺に追い込まれた。



最初は消費者金融で借り、返済のための借金で
ヤミ金融にたどりつく。

当時は10日に5割の高金利も横行、
返済に詰まるとぐるになった別の業者が誘いをかける。
まさにアリ地獄。



06年の貸金業法改正はこうした多重債務問題が
きっかけとなり、市民運動も後押しした。

借り手を責める声もあるが、
病気などで経済的に困った時に一番手軽なのが消費者金融なら、
社会のセーフティーネットは機能していない。

貸金業界は巻き返しを図るが、
行政機関には法改正の趣旨を踏まえた対応を望む。

【亀田早苗】

毎日新聞 地方版 2010年02月20日(土)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック