CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
今こそ道徳、埼玉県教育局が独自資料集(読売新聞) [2010年02月18日(Thu)]
2010(平成22)年02月18日(木)
読売新聞
ホーム>教育>ニュース

今こそ道徳、埼玉県教育局が独自資料集
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20100218-OYT8T00351.htm



埼玉県教育局が小中高生向けに作成した道徳資料集。
表紙写真やイラスト、物語などは教員らが手がけた

埼玉県教育局が、県内の公立校に通う小中高生向けに、
「道徳」教育用の資料集を独自に製作した。

暴力行為やいじめなどの問題が深刻化する中、
命の大切さや他人の痛み、帰属感といった問題を学ぶ
きっかけになればと企画された。

道徳は正式教科としての位置づけがなく、
同局によると、高校まで一貫した教材を独自製作するのは、
全国的にも異例という。
さいたま市の小中学生を除き、4月に配布される。

資料集は、小学校の低・中・高学年、中学、高校の計5種類
(いずれもA4判)で計約65万8,800冊。
昨年5月に発足した作成委員会が準備を進めてきた。

発達段階などに応じて内容は異なるが、いずれも
「規律ある態度」
「埼玉県の偉人」
「伝統・郷土の話題」
「命の尊重」
をテーマにした物語やコラムなど、県内の教員らが
書いたり選んだりした20〜38教材が盛り込まれている。

140年前から続くという川越市の菓子屋横丁の飴(あめ)屋
(小学校中学年用)、東京五輪の聖火台を製作した
川口市の鋳物師・鈴木文吾氏(高学年用)ら
埼玉ゆかりの人物のエピソードや、携帯電話のメールや
自己紹介サイトの「プロフ」で悪口を書かれた生徒の作文
(高校生用)を採用。

進路を親に反対される場面を想定し、
自分の気持ちをどう伝えるかを考えるコラムなども
掲載されている。

現在の学習指導要領は、小中学校の道徳の授業について
年間35時間行うと定めているものの、
正式な教科とは位置づけられていない。

特に高校は何の規定もないが、
県教育局は昨年3月、県内の公立高校に対し
「年5回以上、道徳の授業を行う」
との推進方針を通知。

今回の資料集などを通じて高校でも道徳教育を行い、
規範意識や命の大切さなどを学んでもらう考えだ。

同局生徒指導課の担当者は
「資料集は教員らの手作り。学校でぜひ活用してほしいし、
 家庭に持ち帰り、親子でも読んでみてほしい」

と話している。

同局によると、県内の公立小中高校に通う児童生徒の暴力行為
は、2008年度に2,559件発生し過去最高。

インターネット上の掲示板に特定の人の悪口を書き込むなどの
「ネットいじめ」も認知されただけで131件あった。

自殺未遂を起こし、自己中心的で公共マナーが守れない
生徒たちも散見されるなど、学校現場が抱える課題は多い。

◇小学校中学年用より「1輪の花」

少年栄一の近所に、重い病気に苦しむ1人暮らしのりんという
娘がいる。感染するとのうわさがあっても、栄一の母えいは
娘を案じ、野菜をおすそ分けしたりしている。
娘は喜ぶが、栄一は嫌がって近づけない。

<むすめがいつものお礼にと、ぼたもちを作り持ってきました。
 (中略)母は、おいしそうにぼたもちをほおばったのです。
 (中略)むすめが帰るとすぐに、
 「お母さんが病気になったらどうするんですか」
 と、母を心配しました。しかし、
 
 「あら、そんなことありませんよ。
  お医者様は『うつりません』とおっしゃったわよ。
  それに、私が食べることによって、
  あの子はどんなによろこぶでしょう」

 と、ニコニコしながら話しました>

母親は共同風呂にも娘を連れていった。
居合わせた人々はそそくさと立ち去るが、
母親は気にも留めず、娘の背中を流した。

娘はその後、他界した。

<栄一は、むすめのはかに1輪の花をたむける母のすがたを
 そっと見つめていました。
 栄一は、91歳でこの世をさるまで、
 世の中のこまっている人のためにはたらき続けました。
 それは、やさしい母えいのすがたが栄一の心の中に生き続けた
 からです>

1840年、血洗島村(現在の深谷市)に生まれた
渋沢栄一のエピソードだ。

読売新聞 2010年02月18日(木)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック