CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
自殺予防:啓発を 岐阜でシンポ、市民ら360人参加/岐阜(毎日新聞) [2010年02月14日(Sun)]
2010(平成22)年02月14日(日)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>岐阜

自殺予防:啓発を 岐阜でシンポ、市民ら360人参加/岐阜
http://mainichi.jp/area/gifu/news/20100214ddlk21040038000c.html

全国の自殺者が年間3万人を超える中、
自殺や精神疾患について正しい知識を広め、
自殺予防の啓発をしようと、岐阜市長良福光の長良川国際会議場で

「自殺予防シンポジウム 〜地域で支える大切ないのち〜」
が13日、開催された。

長引く不況で追いつめられた人を自殺から救うために、
政府が打ち出した「地域自殺対策緊急強化事業」の一環として、
県とNPO法人「岐阜いのちの電話協会」が主催した。
市民や臨床心理士など約360人が参加した。

第1部では、ノンフィクション作家の柳田邦男氏が
「生きる力 支える力」と題して講演。

第2部のシンポジウムでは、
多重債務問題に詳しい河合良房弁護士や
自死遺族支援を行う臨床心理士の近藤浩子氏が参加した。

近藤さんは

「自殺予防が目的ではなく、生きづらいと感じている人に
 寄り添い、その人が生きることを支える必要がある」

と訴えた。

コーディネーターとして参加した柳田氏は

「自死予防には、いじめや経済格差問題などに
 総合的に取り組むことで、
 初めて人間味のあるものになるだろう」

と語った。

「岐阜いのちの電話」によると、08年中に受けた相談は
5,622件(うち22%は無言)。
自殺の考えを話すケースも597件あったという。

【石山絵歩】

毎日新聞 地方版 2010年02月14日(日)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック