CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
「大切なもの奪わないで」有田工業放送部の自殺予防啓発CM(佐賀新聞) [2010年02月10日(Wed)]
2010(平成22)年02月10日(水)
佐賀新聞
ホーム>佐賀新聞ひびのニュース>佐賀県内のニュース

「大切なもの奪わないで」
有田工業放送部の自殺予防啓発CM
http://www.saga-s.co.jp/view.php?pageId=8228&mode=0&classId=0&blockId=1547292&dbMode=article&searchTitle=&searchClassId=-1&searchAbstract=&searchSelectKeyword=&searchKeyword=&searchMainText=

有田工業高校の放送部が、有田町内のケーブルテレビで放送する
自殺防止を訴えるコマーシャル(CM)を制作しました。

重いテーマを自分なりに考え、工夫しながら取り組んだ内容で、
3月31日まで放送しています。



CMは30秒で、「経済的理由編」と「うつ病編」の2本です。

経済的理由編は、女子高生を主人公に
家族の自殺を取り上げました。

消しゴムやお弁当など、普段身の回りにあるものが
いつの間にかなくなることで、身の回りの”異変”を暗示。

最後は誰もいないリビングを写し、
「私の大切なものを奪わないで。」

というコピーで自殺防止を訴えました。



うつ病編はアニメーションで制作しました。
人の両目と時計の針を重ねて描き、
針と目をぐるぐると動かすことで眠れない状態を表現。

目覚まし時計の音を効果的に使い、
不眠がうつ病の兆候の可能性もあると注意を喚起しました。



部員14人が2チームに分かれ、1月中旬から
制作に取り組みました。

部長のデザイン科2年 江頭 紗也香さんは

「テーマがテーマだけに悩みながら作業しました。
 部員それぞれが考え、
 子どもの目線で訴えようと思いました」。

自殺者は全国で12年連続で3万人を超え、
深刻な社会問題になっています。

今回のCMは、佐賀県自殺対策緊急強化事業の
「地域モデル事業」として、
高校生の感性で身近に考えてもらえるCMをつくろうと
有田町が制作を依頼しました。

【写真】有田工業放送部のCM撮影風景=有田工業高校

佐賀新聞 2010年02月10日(水)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック