CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
ひと:生越照幸さん=HP「残業代110番」を開設した弁護士(毎日新聞) [2008年09月08日(Mon)]
生越(おごし)弁護士さんとは、今年の7月に
東京での研修会でご一緒させていただいた。

一見、クールに見えるけれど、熱い方だなぁと思った。
ぜひとも生越先生を宮崎県にお呼びしたいものである。



多くの方に、直に生越先生のハナシを聴いていただき、
「生きることとは?」
「働くこととは?」
「自他の人生をだいじにすることとは?」
など、さまざまな問いをともに考えていただけたらと願う。



2008(平成20)年09月08日(月)
毎日新聞 東京朝刊
トップ>ニュースセレクト>社説・解説・コラム>ひと

ひと:生越照幸さん=HP「残業代110番」を開設した弁護士
http://mainichi.jp/select/opinion/hito/news/20080908ddm002070150000c.html

◇ 生越照幸(おごし・てるゆき)さん(38)

「過労で亡くなる人をなくしたい」。
そんな思いから、
「残業代110番」のホームページ(HP)
を8月に開設した。長時間労働など職場環境に関する相談を
受け付け、助言する。

弁護士になって約3年。
「生き死ににかかわる裁判を手がけたい」
と、過労の案件20件近くに携わった。
遺族にも、言うべきことは言う。
「命を金に換算する作業です」
と。一方で、なぜ死んだかをとことん追及する。
精神的に不安定になりがちな遺族に携帯電話の番号も伝え、
寄り添う。

自殺対策のNPO法人「ライフリンク」のメンバーでもある。
98年以降、毎日80人以上が自殺する日本。
同法人などによる「自殺実態白書」で被雇用者の
自殺者が多い地域を分析。
「長時間労働や24時間交代制勤務、
派遣社員の不安定な地位など、要因が共通する
可能性がある」
と指摘する。

エンジニアの父の影響で東北大工学部に進学。
大学院で政治経済も研究した。修士論文のテーマは、
原発立地の是非を問うた新潟県巻町(現新潟市)の
住民投票を選んだ。
「社会問題の解決に法律はどんな力を持つのか」
を探る日々だ。

来年1月、同期の弁護士と2人で大阪市に事務所を開設する。
「過労を生む職場環境を見直す流れを少しでも作りたい」。
言葉にぐっと力を込めた。

<文・玉木達也/写真・幾島健太郎>

==============

■ 人物略歴
大阪府吹田市生まれ。大阪弁護士会所属。
HPはhttp://www.zangyo110.com/

毎日新聞 2008年09月08日 東京朝刊

***************

以上、引用終わり

NPO法人ライフリンク事務局長の藤澤さんに
よれば、生超弁護士さんはライフリンク会員で、
過労問題に精通する弁護士さんとして、
「自殺実態解析プロジェクトチーム」の
コアメンバーとして『自殺実態白書2008』の
制作に関わってくださった方だそうである。

ぜひとも同書をご一読いただきたい。
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック