CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
県独自の自殺予防週間始まる 等(NHK富山放送局、読売新聞/富山) [2010年02月22日(Mon)]
2010(平成)年02月22日(月)
NHK富山放送局
トップ>富山県内のニュース

県独自の自殺予防週間始まる
http://www.nhk.or.jp/toyama/lnews/02.html

富山県独自の自殺予防週間が22日から始まり、
県や自殺防止に取り組む団体の関係者などが
JR富山駅前で自殺の予防やうつ病への理解を呼びかけました。

この取り組みは、県が今年度から始めたもので、
初日の22日は県や自殺防止に取り組む団体、
「とやまcocolo会」のメンバーなどおよそ20人が、
JR富山駅で自殺の予防やうつ病への理解を呼びかける
パンフレットを配りました。

国の自殺予防週間は毎年9月に設けられていますが、
全国的に、年度がかわる前後の3月から5月にかけて
自殺者が増える傾向にあることから、
県は、その直前の2月の最後の週を独自の自殺予防週間と
定めたものです。

警察のまとめによりますと、去年1年間に県内で自殺した人は
327人とおととしより4人減ったものの
3年連続で300人を超えています。

県の櫻井泰典健康課長は

「うつ病や自殺は誰にでも起こりえること。
 本人だけでなく、周囲の人も相談しやすいような雰囲気を
 作り出していきたい」

と話しています。

県独自の自殺予防週間は今月28日までで、
28日には高岡市で心の健康などをテーマにした
相談会が開かれます。

NHK富山放送局 2010年02月22日(月)12時47分更新

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2010(平成22)年02月20日(土)
NHK富山放送局
トップ>富山県内のニュース

県独自に自殺予防週間
http://www.nhk.or.jp/toyama/lnews/06.html

県独自に自殺予防週間年度がかわる前後の3月から5月にかけ、
全国的に自殺者が増えていることから、
県は、その直前にあたる2月の最後の週を
独自の自殺予防週間と定め、自殺防止の啓発などに
重点的に取り組んでいくことを決めました。

富山県内で去年1年間に自殺した人は327人と、
おととしより4人減ったものの
3年連続で300人を超えています。

国は、毎年9月に自殺予防週間を設けていますが、
全国的に年度がかわる前後の3月から5月にかけて
自殺者が増える傾向にあることから、
県は、その直前にあたる2月の最後の週を独自の自殺予防週間
と定め、今後、取り組みを進めていくことを決めました。

具体的には、22日から28日までの1週間、
JR富山駅や県内の大型ショッピングセンターなど、
あわせて11か所で自殺の予防を啓発するパンフレットを配る
ほか、28日には心の健康などをテーマにした相談会が
高岡市で開く予定です。

県は、
「多くの人に自殺の予防に理解を深めてもらい
 自殺者ができる限り少なくなるよう努力していきたい」

と話しています。

NHK富山放送局 2010年02月20日(土)19時05分更新

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2010(平成22)年02月06日(土)
読売新聞
ホーム>地域>富山

昨年の自殺者327人
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20100206-OYT8T00216.htm

3年連続300人超す

県内の昨年の自殺者数が327人と、
2007年以降3年連続で300人を超えたことが、
県警のまとめでわかった。

県警生活安全企画課によると、
男性は225人、女性が102人だった。

県内の自殺者数は06年に290人と300人を切ったが、
07年は301人、08年は331人と続いた。

自殺者の動機には、経済不況による生活苦や、
高齢者の健康問題などがあるとみられ、
同課は詳しく分析している。

県は自殺者対策として06年、警察官や有識者らでつくる
「県自殺対策推進協議会」を設置。

昨年には、16年までに05年の自殺死亡率
(人口10万人当たりの自殺死亡者数)30.7を
2割以上減らすとする行動計画を策定した。

県警生活安全企画課は
「今後も県などと協力して、
 少しでも自殺者が減るよう努めたい」

としている。

読売新聞 2010年02月06日(土)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2010(平成22)年02月20日(土)
NHK富山放送局
トップ>ひとりじゃないキャンペーン>
ひとりじゃないバックナンバー2009年

ひとりじゃないリポート 2009年5月
http://www.nhk.or.jp/toyama/program/hitori/bn2009/200905.html

シリーズ「自殺をなくすために」

2009年 5月11日(月)放送
(1)不況自殺どう防ぐ



富山県の自殺者数は今年に入って増加傾向にあり、
さらに去年秋からの景気の急激な低迷で
経済的な理由で自殺する人が増加することが懸念されています。

こうした中、不況で給料が大幅に減り、
多額の借金を抱えて自殺を図ろうとした男性と、
男性を救った民間団体の取り組みを取材しました。

2009年 5月12日(火)放送
(2)地域一体で自殺予防



中部厚生センターと滑川市は、
地域住民と連携して自殺予防に取り組んでいます。

関係機関との会議に参加している地域住民の森川智夫さんは、
近所を見回り住民1人1人に声をかけています。

悩みを抱える人がいる場合には
関係機関の相談窓口に橋渡ししています。

地域が一体となって自殺を予防しようという取り組みを
取材しました。

2009年 5月13日(水)放送
(3)「死にたい」を抑えるには 〜うつとつきあう〜



自殺の直前で多くの人がかかっているとされるうつ病。
富山市に住む赤穂依鈴子さんは、
かつてうつ病に苦しんで自殺未遂を何度も繰り返しました。

赤穂さんは今、うつとつきあいながら
同じ病気の人を支える活動を進めています。

病気と向き合い続けてきた赤穂さんの
うつとつきあうコツを取材しました。

2009年 5月14日(木)放送
(4)孤立する遺族 〜心に「風」を通すには〜



1人が自殺すると周辺にいる5人から6人が深刻な打撃を受ける
とされ、中には後を追って自殺してしまう人もいます。

気持ちを抱え込んでしまう遺族が互いに思いを語り合う場が
去年、県内に初めて出来ました。

家族を自殺で亡くした経験から会を立ち上げた女性と
会に参加する遺族の思いを取材しました。

NHK富山放送局 2010年02月20日(土)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック