CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
凶悪犯罪時効 “短い” 半数超(NHKオンライン) [2010年02月06日(Sat)]
2010(平成22)年02月06日(土)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>社会

凶悪犯罪時効 “短い” 半数超
http://www3.nhk.or.jp/news/k10015488021000.html

内閣府が行った世論調査で、殺人などの凶悪犯罪の
時効期間について、現行の25年が適当か尋ねたところ、
「短い」と答えた人が半数を超え、55%に上りました。



この調査は、内閣府が去年の11月から12月にかけて、
全国の20歳以上の男女3,000人を対象に行い、
65%にあたる1,944人から回答を得ました。

それによりますと、殺人などの凶悪犯罪の時効が
25年であることを適当と思うか尋ねたところ、

▽「長すぎる」が6%、
▽「どちらかといえば長すぎる」が4%、
▽「これくらいでよい」は23%でした。

これに対して、
▽「短すぎる」が35%、
▽「どちらかといえば短すぎる」が20%で、
「短い」と答えた人はあわせて55%に上り、
半数以上が「凶悪犯罪の時効25年」を短いと感じている
ことがわかりました。

さらに、「短い」と答えた人に対し、時効制度をどう見直すべき
か聞いたところ、

▽「殺人などの時効を廃止する」が49%と最も多く、次いで
▽「一定の事情がある場合には25年よりも
  長くできるようにする」が26%、
▽「事情にかかわらず25年よりも長くする」が22%

などでした。

一方、死刑制度の存続について尋ねたところ、
▽「場合によっては死刑もやむを得ない」が86%、
▽「どんな場合でも死刑は廃止すべきである」が6%、
▽「わからない」が9%でした。

NHKオンライン 2010年02月06日(土)18時04分
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック