CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
自殺予防シンポ:「一般診療の役割重要」(毎日新聞/鹿児島) [2008年09月09日(Tue)]
「リメンバー福岡 自死遺族の集い」の
井上 久美子さんが、いよいよ今週末、
自殺対策フォーラム2008(宮崎公立大学)で
宮崎県にお見えになる。いまから楽しみにしている。

宮崎県内の「自死遺族のつどい」としては、
小林保健所(毎月第4土曜日の午後)と
NPO法人宮崎自殺防止センター(偶数月の第2土曜日午後)の
2つがようやくできたところである。



宮崎県内の自死遺族の方が、わざわざ遠く福岡市まで
出かけておられたという話をうかがったことがある。

より身近なところで、安心・安全でプライバシーが保たれ、
ご自分の気持ちや亡くなった方の思い出を存分に語ることが
できる場所と時間を提供したいと願っている。



「リメンバー福岡」の取り組み、ぜひモデルにしたいと考えている。
民間と行政(福岡市、福岡市精神保健福祉センターなど)とが
お互いに強みや良さを引き出し合い、より良いサービスを提供。
官民の「協働型」「出会い型」とも評される優れた取り組みである。

組織のミッション(使命、哲学)、スタッフの役割、
官民連携のコツなど、いろいろとうかがってみたい。

以下、引用

*********

2008(平成20)年09月08日(月)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース> 鹿児島

自殺予防シンポ:「一般診療の役割重要」
鹿児島市で250人参加/鹿児島
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20080908ddlk46040358000c.html

自殺予防週間(10〜16日)を前に
鹿児島市中央町の県医師会館で7日、
自殺予防シンポジウムIN鹿児島(県、厚労省など主催)
があり、約250人が参加した。
同週間中、全国6カ所で行われるシンポの1つ。

パネルディスカッションには、医師や、
多重債務に取り組む弁護士、自殺者の遺族会の代表らが参加。
鮫島秀弥・県医師会理事は、自殺者の約8割がうつ病などの
精神疾患を患っているものの、精神科を受診した人は
1割にとどまり、通常は内科などにかかっていると指摘。
「自殺予防には一般診療科の役割が重要」
と主張した。

また、井上久美子・リメンバー福岡自死遺族の集い代表は、
「立ち直るにはつらい話を繰り返し聞いてもらうことが必要だが、
なかなか良い医師に巡り合えず、病院は薬をもらうところと
割り切っている人が多い」
と遺族の受け皿がない現状を紹介。

「カウンセリングは保険非適用で、
1時間1万円かかる場合もある。
“敷居”を下げるためにも適用が必要だ」
と訴えた。

九州・沖縄・山口の県精神保健福祉センターでは
8〜12日、時間を延長して午前9時〜午後9時まで、
一斉電話相談を受け付ける。
(0570・054054)。

【大塚仁】

毎日新聞 2008年09月08日 地方版



2008年09月08日(月)
読売新聞 地域版
ホーム>地域>鹿児島

人とのつながり自殺予防に大切…鹿児島市でシンポ
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news/20080907-OYT8T00449.htm

自殺予防週間(10〜16日)を前に、
「自殺予防シンポジウムIN鹿児島」
(県、内閣府、厚生労働省主催)
が7日、鹿児島市の県医師会館で開かれ、
市民ら約250人が耳を傾けた。

厚労省によると、2007年の全国の自殺者数は3万777人。
鹿児島県は504人で、人口10万人あたりの自殺者の数を
示す自殺率は、全国で8番目の29・2と高い。

基調講演では、秋田大医学部長の 本橋 豊氏が
秋田県の自殺防止対策を紹介。同県は自殺率が高く、
07年も37・5と全国最高だった。
一方、対前年比では63人減で、近年は減少傾向にあるという。
本橋氏は同県が自殺防止に関するチラシを全戸に配布するなど、
2000年ごろから対策を本格化させたことが要因と指摘。
「自殺者が減っているところは、地道な取り組みをしている」
とし、地域を巻き込み、人と人とのつながりを強めることが
予防につながると強調した。

パネル討論などでは、800万円の借金を抱えていると思って
自殺した多重債務者が、利息制限法の関係で借金は200万円しか
なかった事例が紹介され、
「必要な知識があれば防げる自殺もある」
といった意見も出た。

(2008年09月08日 読売新聞)

**********

以上、引用終わり
コメント
こがちゃんです!
先日お会いできましてね。

ピックアップブログおめでとうございます!
ますますのご活躍楽しみにしております。

カンパンのオフ会是非参加してくださいね。
Posted by:こがちゃん  at 2008年09月11日(Thu) 23:10
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック