CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
きずな回復し、自殺防止 静岡いのちの電話が講演会(静岡新聞) [2009年11月29日(Sun)]
2009(平成21)年11月29日(日)
静岡新聞
トップ>地域>地域ニュース・中部

きずな回復し、自殺防止 静岡いのちの電話が講演会
http://www.shizushin.com/news/local/central/20091129000000000032



静岡いのちの電話(中井弘和理事長)は28日、
静岡市葵区のもくせい会館で「自殺予防講演会」を開いた。

防衛医科大教授で精神科医の高橋祥友氏が
「気づきときずなで自殺を防ごう」

と題し、自殺の危険がある人の孤立を防ぐ大切さを訴えた。
自殺で身近な人を亡くした人など約150人が耳を傾けた。

全国の自殺者数は11年連続で3万人を超えている。
高橋氏は
「未遂者は約10倍いる。1件の自殺で周囲の5人が
 大きな影響を受けると言われている」

と話した。

自殺の前兆として、うつ病の症状や酒量の増加などを挙げ、

「自殺を考えている人は周りが見えなくなり孤立している。
 周囲がそれに気付き、支える人はたくさんいるという
 『周囲とのきずな』を取り戻させることが大切」

と訴えた。

残された人が立ち直るために必要な要件として、

「時間」
「ありのままの感情を表せる場所」
「何でも話せる信頼できる人」

を挙げた。

その上で、
「『自殺した人を思い出すことは供養』
 と思うことも心を落ち着かせる」

とアドバイスした。

参加した葵区の女性(45)は

「姉を自殺で亡くした。
 “思い出すことは供養”
 との言葉はとても慰めになった」

と話した。

静岡新聞 2009年11月29日(日)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック