CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
奨学金滞納 不安定な雇用形態(NHKオンライン) [2009年11月29日(Sun)]
2009(平成21)年11月29日(日)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>社会

奨学金滞納 不安定な雇用形態
http://www3.nhk.or.jp/news/k10014077612000.html

大学を卒業したあと、奨学金の返済を滞っている人の多くが、
返済をしている人に比べて収入が低いうえ、
アルバイトなどの不安定な雇用形態で仕事をしていることが、
奨学金を貸し出している団体の調査でわかりました。



この調査は、国の事業として奨学金を貸し出している
「日本学生支援機構」が行ったもので、調査票を送った
およそ13万人のうち、奨学金の返済が6か月以上滞っている
7,200人余りと奨学金を返済している3,800人余り
から回答を得ました。

それによりますと、返済が滞っている人では、
年収300万円未満の「低所得者」の割合が
84%に上っています。

返済している人ではその割合が36%にとどまっているのに
比べると、「低所得者」の比率がきわめて高くなっています。

また、返済が滞っている人の雇用形態は、
アルバイトが36%、
正社員が  31%、
無職が   16%

となっており、返済している人の68%が正社員であるのに
比べると、不安定な雇用形態で仕事をしていることが判ります。

奨学金をめぐっては、厳しい雇用情勢の中、
返済に行き詰まる人が年々増えていると指摘されており
日本学生支援機構は
「返済を猶予する制度もあるので、
 経済的に苦しい人は利用して欲しい」

と話しています。

NHKオンライン 2009年11月29日(日)07時46分
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック