CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
いのちの電話:悩める声、耳傾け続けて30年 相談件数、8倍増に−−奈良/奈良(毎日新聞) [2009年11月25日(Wed)]
2009(平成21)年11月25日(水)
毎日新聞
トップ>地域ニュース>奈良

いのちの電話:悩める声、耳傾け続けて30年
相談件数、8倍増に−−奈良/奈良
http://mainichi.jp/area/nara/news/20091125ddlk29040703000c.html

自殺を防ごうと、電話で相談を受ける
「奈良いのちの電話協会」(植村圭子理事長)
が今月、設立30周年を迎えた。

ボランティアの相談員が受ける相談件数(年間)は、
設立当初の約8倍に増加。
98年から11年連続で自殺者が年間3万人を越える中、
活動の重要性が増している。

同協会は、関西カウンセリングセンター(大阪市北区)で
心理カウンセラーの講座を受けた植村さんが
79年11月、受講生ら約20人とともに設立した。

当初の相談件数は年間約3,000件だったが、
08年度は約2万3,000件に増加。
悩みを聞いた相談者は延べ約67万人に上る。

植村さんによると、自殺を考える人からの相談は
96年ごろから増え始めた。
最近は、突然解雇され、行き場を失った
30代後半〜50代の男性が目立つという。

植村さんは

「生きたい気持ちの方が大きいからこそ電話をかけて来る。
 話しているうちにもやもやした気持ちが整理され、
 自分から別の方法があると気づかれる。
 私たちはそれを大事にしたい」

と話している。

相談は、24時間受け付けの電話。
(0742・35・1000)

毎日新聞 2009年11月25日(水)09時04分
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック