CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
自殺防止へ連携、連続シンポを開催(朝日新聞/宮城) [2009年11月04日(Wed)]
2009(平成21)年 11月04日(水)
朝日新聞
asahi.com>マイタウン>宮城

自殺防止へ連携、連続シンポを開催
http://mytown.asahi.com/miyagi/news.php?k_id=04000000911040003

自ら命を絶つ人が11年連続して全国で3万人を超える中、
県内の自殺対策のネットワークを強めようと、遺族のケアに
努める研究会がセミナーや連続シンポジウムを企画した。

初回の3日は、弁護士やコンサルタントが、
仙台市内で多重債務の解決に向けたセミナーを開いた。

この日は
「借金なんかで死ぬな!」
と題し、零細企業向けに事業再生の相談に乗っている
コンサルタント 吉田猫次郎さんが講演。

多額の多重債務に追われて自殺を考えながらも
倒産を回避した自身の経験から、

「知識とそれを得ようとする意識があれば、
 どんな借金も100%解決できる」
と訴えた。

仙台弁護士会の及川雄介弁護士は、借金の解決策として
整理や破産、個人再生、特定調停などを紹介。

否定的な印象が強い自己破産についても
「第一歩を踏み出すための立ち直りの制度と考えて欲しい」
と助言した。

また、依然として一部に悪質な業者がいると指摘し、

「対抗するには家族に加え、できれば職場にも協力してもらい、
 一緒に戦うという姿勢が大切」
と語った。

県内の自殺者は03年に600人を超えて以降、高止まりの
傾向が続き、30代から50代の働き盛りが目立つという。

企画した「仙台グリーフケア研究会」は
来年1月以降、3回のシンポジウムを開く。

自殺未遂者が搬送される救急現場での対応や遺族ケアなどに
ついて、医師やカウンセラー、僧侶などが意見を交わし、
連携を強めたいという。

問い合わせは研究会事務局(080・3326・5612)へ。

朝日新聞 2009年 11月04日(水)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック