CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
紙説法 ビヨン ザ リバー/喫茶養生(四国新聞) [2009年11月02日(Mon)]
2009(平成21)年11月02日(月)
四国新聞
トップ>香川ニュース>文化一覧

紙説法 ビヨン ザ リバー/喫茶養生
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/culture/article.aspx?id=20091102000093

近年いろいろな職場において、
ノイローゼやうつ病に苦しむ人が多いらしい。
また、自殺者が毎年3万人を超えていることも、
深刻な事実である。

何十年も前のことであるがビルマ留学中、
うつに陥った友人が自殺した。

師僧から
「なぜもっと注意を払ってやらなかったか」
と叱(しか)られた。
留学僧一同は後悔したことであった。

それは自分のことで精いっぱいであり、
友人を顧みる心の余裕がなかったからであるが、
取り返しのつかないことになってしまった。

心の病気は多種多様であるが、もしかして自分もいずれかの
疾病に罹(かか)っているのでないかと不安に駆られることも
ある。

現代病ともいわれる心の病も深刻になれば、活動の意欲を失い、
将来や自分の能力を過小評価して、悲観的な気分になり、
妄想が確信的な状態になって自殺につながることがある……。

こうした心の病気は専門医の治療を受けねばならない。
しかし予防も大事である、そして養生も欠かせない。

そういった側面的ケアには、日ごろからお茶を飲みながら、
人生談議をしたり、話を聞いたり、時にはご法義(ほうぎ)の
示談(じだん)をするのがよかろうと思う。
桶(おけ)も湿っていないと水が漏れるようなものである。

蓮如上人のお言葉にも、ある人が、
わたしの心は籠(かご)を水につけたようで、
お聴聞(ちょうもん)の場ではありがたくも思うのですが、
やがて元の心中に戻ってしまうと言ったとき、

「その籠を水につけよ、わが身をば法に浸しておくべし」
と上人は答えておられる。

世の中安穏(あんのん)なれ、仏法ひろまれかしと
願うばかりである。

合掌

(三豊市・品福寺住職)

四国新聞 2009年11月02日(月)10時14分更新
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック