CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
京都の尾角さんが「いのちの授業」/香川中央高(四国新聞) [2009年11月02日(Mon)]
2009(平成21)年11月02日(月)
四国新聞
トップ>香川ニュース>地方一覧

京都の尾角さんが「いのちの授業」/香川中央高
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/article.aspx?id=20091102000088



「進路や受験のことで悩んでいる人も今を大切に生きて」
と話す尾角光美さん=香川県高松市香川町、香川中央高校

「自殺」を考えることは、「生きること」を考えること―。
香川県高松市香川町の香川中央高校(平岡三千雄校長)
でこのほど、京都市の大学生 尾角 光美さん(25)の
「いのちの授業」が行われた。

尾角さんは母を自殺で亡くした経験を語るとともに、

「進路や受験のことで悩んでいるかもしれないけれど、
 今を大切に生きて」
と生徒にエールを送った。

授業は、進学や就職など、自立を控えた3年生に生きることに
ついて考えてもらおうと、約270人を対象に行った。

尾角さんは浪人生だった2003年3月、母を自殺で亡くした。
母は尾角さんが小学生のころから精神が不安定で、
優しいときもあれば、鬼のような形相で

「あんたなんか生まれてこなきゃよかった」
と言われたこともあった。

尾角さんの同志社大への入学を10日前に控えた日、
母は家を飛び出し、薬を大量に飲んで亡くなった。

母の死後、尾角さんはあしなが活動に参加。
授業で
「あしなが活動で生きる力をはぐくんだ」
と振り返った。

その後、自殺や命について考える講演会や
母を亡くした人から募った作文を集めた
「101年目の母の日」
を編集するなど、精力的に活動している。

尾角さんは、母が亡くなるまでの19年間を
「少しでも長く一緒にいたり、2人で散歩をしたり、
 母にしてあげられたことはたくさんあったのかもしれない」

と振り返った。

また尾角さんは、大切な人やものを亡くしたときの感情を
ケアする「グリーフケア」について説明。

「キーワードは『ままに』。
 悲しみを『感情のままに』受け止めることが大切」

と呼びかけた。

四国新聞 2009年11月02日(月)10時12分更新
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック