CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
精神科医、総合病院離れ 病床2割減、閉鎖も相次ぐ [2008年05月29日(Thu)]
総合病院の中に精神科があると、
院内/院外からの患者さんが受診しやすかったり、
リエゾンで他科の医師も精神科専門医に相談できたり、
メリットがたいへん大きいと考える。

一方、病院経営者や病棟管理者としては医療点数の低さ、
医師や医療スタッフからすれば、夜間休日の救急対応の
忙しさなど、もしかしたら、経済的・精神的・身体的などの
負担がずっしりと大きいのかも知れない。



以下の朝日新聞記事では、ここ宮崎県の公立病院の
精神科医師不足も取り上げられていた。

いわゆる「不採算部門」を実質的にカバーしているのが公立病院。
医療資源の使い方(選択と集中)について、踏み込んだ議論が
必要だと考える。その上で、いのちとこころの問題についても、
必要な部分にはしかるべき手当が必要だと考える。

志のある優秀な先生方が定着してくださり、
宮崎県民のいのちとこころを守ってくださるよう、
ぜひともみなさまのご理解とご協力、後押しをいただきたい。

以下、引用

**********************

2008(平成20)年05月29日
朝日新聞
asahi.com>ライフ>健康>医療・病気



精神科医、総合病院離れ 病床2割減、閉鎖も相次ぐ
http://www.asahi.com/health/news/TKY200805290156.html

地域の中核病院などの総合病院で、医師不足から
精神科病棟の閉鎖が相次いでいる。
02年から4年間で、精神病床がある病院数は1割、
病床数は2割近く減った。

総合病院の精神科は、通常の治療だけでなく、
自殺未遂者やがん患者の心のケアなど役割が広がっている。
事態を重く見た関係学会や厚生労働省は現状把握の調査を
検討している。

日本総合病院精神医学会の調査によると、
02年に272あった精神病床を持つ総合病院は
06年末に244に、病床数も2万1732床から
1万7924床に減った。調査後も休止したり
診療をやめたりする病院が続いている。

廃止になっているのは主に地方の公立病院だ。
自殺率が12年連続全国1位で自殺予防に取り組む秋田県でも、
精神病床がある八つの総合病院のうち、3カ所が入院病棟を閉鎖中。
非常勤で維持してきた外来診療も、大学医局の医師引き揚げで
厳しい状況にあるという。宮崎県では、四つの県立病院に
十数人いた精神科医が昨年末に3人になった。

精神科専門の医師数は微増傾向だが、厚労省調査では、
この10年で診療所と精神科病院に勤める医師数は
増加したのに対し、総合病院などは1割減。
夜間休日の救急対応などの忙しさから敬遠されたとみられる。
また、他科より診療報酬収入が少なく、経営側に負担感が大きいという。

厚労省は、精神障害者が入院中心から脱して地域で生活できるよう
単科精神科の病床数削減の方針を打ち出した。一方、自殺未遂で
入院した患者を精神科医が診察すると診療報酬が加算されたり、
がん対策基本法で緩和ケアチームに精神科医の関与が求められたりと、
総合病院での精神科医の役割は増している。

水野雅文・東邦大医学部教授(精神医学)は
「イタリアは精神科病院を全廃し、代わりに全総合病院に
精神病床を置いた。日本は、精神科病院の病床削減は進まず、
総合病院の病床が減るという正反対のことが起きている。
総合病院の精神科医療の診療報酬を手厚くするなどの対策が必要だ」
と話す。

(佐藤陽、和田公一)

2008年05月29日

*********************

以上、引用終わり
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック