CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
離職者再起の支えに 鹿児島派遣村開設(朝日新聞) [2009年03月30日(Mon)]
2009(平成21)年03月30日(月)
朝日新聞
asahi.com>マイタウン>鹿児島

離職者再起の支えに 鹿児島派遣村開設
http://mytown.asahi.com/kagoshima/news.php?k_id=47000000903290003



鹿児島市・天文館で28日に行われた街頭募金では
約6万円が集まった=鹿児島市東千石町

雇い止めで仕事や住居を失った人や路上生活者を支援する
「鹿児島派遣村」が28日夕、鹿児島市内に開設された。
アパート5室を無料の一時宿泊所にし、離職者が低価格で入居
できる市営住宅への橋渡しをするなど、生活再建の相談に乗る。

実行委員会によると開設は九州では福岡に次ぎ2団体目。
4月4日までの予定だが、状況によっては最長2カ月開設する。

05年から同市の中央公園で週3回炊き出しをするNPO法人
「かごしまホームレス生活者支えあう会」事務局によると、
昨秋以降、炊き出しに初めて訪れる人の数が倍以上に増えている
という。

このため、同会のメンバーや連合鹿児島、社会福祉の専門家など
で実行委を組織し、派遣村の準備を進めてきた。

28日夜の開村式では、集まった約50人を前に、福岡県出身で
京都府内のトヨタ系自動車工場で昨年11月に派遣切りにあった
という男性(27)が経験談を話した。

鹿児島県内の派遣会社に採用試験を受けに来たが、すでに募集は
終了。家庭の事情で実家にも帰れず、鹿児島に残った。
「何日かでお金がなくなり、市内で野宿を余儀なくされた。
支えあう会を知り、生活保護の手続きができた」

会の助言で、野宿していた桜島フェリーターミナルを住所に
生活保護を申請。アパートを借りた。
仕事も見つかり4月から市内で働く。

男性は
「経験者として、できるだけの手助けをしたい」
と話す。

開村式後、参加者らが路上生活者に声をかけるため
JR鹿児島中央駅やフェリーターミナル周辺を巡回した。

県社会福祉士会ホームレスサポート委員会の久留須直也委員長は
「年金の受給資格があるのに、知らずに自殺を考えている人もいる」
と支援活動の大切さを訴えた。

4月4日まで、緊急電話相談も
「安心ネットかごしま」(0120・154・052)
で受け付ける。
生活物資の提供やボランティアスタッフも募っている。

朝日新聞 2009年03月30日
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック