CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
高金利下げ 施行の年 一部政治家が“待った”(しんぶん赤旗) [2009年03月31日(Tue)]
2009(平成21)年03月31日(火)
しんぶん赤旗(日本共産党)
トップ>今日のニュース>2009年03月31日(火)

高金利下げ 施行の年 一部政治家が“待った”
業界誌などで「金融統制だ」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-03-31/2009033115_01_0.html

今年はヤミ金・サラ金などによる高金利被害をなくすうえで
大切な年です。出資法の上限金利を3年後をめどに引き下げ、
高金利被害の温床・グレーゾーン金利の廃止を盛り込んだ
改正貸金業法が、2006年12月成立し、今年はその完全施行
の年だからです。
ところが金利引き下げに待ったをかけようとする自民党や民主党
の一部政治家の動きがあります。(柴田善太)



(写真)自民党と民主党の国会議員が登場する
日本消費者金融協会の『月刊クレジットエイジ』

多重債務に陥り家庭崩壊、自殺に追い込まれる―
深刻な高金利被害が広がる中、1999年ごろから
高金利引き下げを求める世論と運動が広がりました。

改正貸金業法は高金利被害者、弁護士、労働組合や党派を超えた
国会議員の粘り強い取り組みが実り、全会一致で成立しました。

同法を
「金融社会主義、統制価格のような金融マーケットをつくるもの
で反対だった」(07年2月21日衆院経済産業委質問)として、
金利制限を批判しているのが自民党の平将明衆院議員(東京4区)
です。SFCG(旧商工ファンド)から大量の債権譲渡を受けて
いる、日本振興銀行(木村剛会長)の社外取締役を務めています。

平氏は、利息制限法を超えた高金利による過払い金の返還請求に
ついて、サラ金業者などでつくる日本消費者金融協会の
『月刊クレジットエイジ』(08年10月号)で、
「合意をして契約を結び滞りなく完了したはずの人も返還請求を
行っている。これほど理不尽なことはない」
と攻撃しています。

「改正貸金業法には問題がある」
と同誌(08年12月号)で批判しているのが、
自民党の田村耕太郎参院議員と民主党の桜井充参院議員です。

桜井氏は
「急増した過払い返還請求が、一番業者の人たちにとって
経営を揺るがす大きな問題になっている」

と述べ、司法の過払い返還命令にふれ
「司法が判断したから、これに全部従えというのはおかしい」
と業者側に立った主張をしています。

田村氏は
「メディアが一方的な業者批判に走って、政治がオーバー
リアクション、金利規制に手をつけてしまった」
と発言。

「サラリーマンのとき、飲み代がなくなるとよくキャッシングした。
(年)金利36%でも次の月に返したら3%。要は使い方次第です」
と高金利を擁護しています。

高金利引き下げの流れに逆行して、正当な権利である過払い
返還請求を非難する―。
高金利被害の解決を願う世論に背を向けた議論です。



改正貸金業法
2006年12月成立。刑事罰のある出資法の貸出金利上限を
3年後をめどに29・2%から20%に引き下げることによって、
利息制限法の上限金利(15%―20%)との間の
「グレーゾーン(灰色)金利」が撤廃されることになりました。

貸金業への参入規制の強化、過剰貸付規制の強化も盛り込んで
います。
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック