CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
自らのうつ病の苦しみ、紙芝居に 高島の女性 地域に理解訴え(京都新聞) [2009年03月27日(Fri)]
2009(平成21)年03月27日(金)
京都新聞
ホーム>最新ニュース一覧

自らのうつ病の苦しみ、紙芝居に
高島の女性 地域に理解訴え
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009032700056&genre=K1&area=S10



体験をつづった紙芝居「心の扉を開く」を初披露した
山田さん(高島市・今津東コミニティセンター)

高島市の女性が
「うつ病の若い人を守ってあげたい」
と、自らのうつ病の体験を紙芝居にまとめ、26日、
高島市今津町の今津東コミュニティセンターで開かれた
ボランティアグループの交流会で初披露した。

この女性は高島市朽木野尻の山田登代美さん(46)。
15年前にうつ病になり、入退院を繰り返し、離婚、乳ガンも
経験した。しんどさ、苦しみを抱えて、一日中、布団の中に。
頭に浮かぶのは過去のいやな思い出。どん底で
「みなさんの支えで生かされている私の命」
に気づき回復した。うつ病の中で2人の子どもを育てた。

紙芝居の題は「心の扉を開く」。
絵は 伊丹俊次さん(68)=同市マキノ町=が描き、
物語は今(いま)・昔(むかし)語り部 禅定正世さん(72)
=同市今津町=が構成・監修した。

この日は、同市の精神保健福祉ボランティアグループ○(わ)と
守山市のメンタルスマイルのサロン交流会で披露し、
60人を超える参加者から温かい拍手を受けた。

山田さんは
「偏見があり、病気を隠す方も多いが地域の人たちによりよく
理解してもらうのが目標。紙芝居の依頼があればでかけたい」
と話している。

京都新聞  2009年03月27日(金)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック