CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
認知行動療法のすすめ(東京新聞) [2009年03月06日(Fri)]
2009(平成21)年03月06日(金)
東京新聞
トップ>暮らし・健康>健康一覧

【健康】
認知行動療法のすすめ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/health/CK2009030602000076.html

認知行動療法が注目されている。
悩みを抱えやすい人が考え方や行動を変えることでつらい症状を
治していく精神療法だ。
認知行動療法的な考え方は、日常生活の悩みやストレス対処に
生かすヒントにもなる。 (野村由美子)

人は何かあると、体、感情、考え方(認知)、行動の
4つの側面で反応する。4つは互いに影響を受ける関係。

例えば大変な状況に直面したとき、体は重くなり、感情は不安で
悲しく、閉じこもって泣いて、「自分は駄目な人間だ」と考える。

認知行動療法はこの中の考え方と行動を変えることで、個々の
状況に、より上手に対応できるようにしていこうという治療。
患者ごとに無理のない考え方や行動の仕方を医療者が伴走して
一緒に発見していく。

「その場その場でより無理のない、より現実的な対処法を
積み重ねて、ストレスへの対処法のレパートリーを増やそう
という治療」

と古川壽亮(としあき)名古屋市立大大学院教授
(精神・認知・行動医学=写真)。

古川教授は同大病院精神科でパニック障害と社会不安障害の
集団認知行動療法を実施している。

個人かグループで1回1時間前後のセッションを10−20回
持ち、患者の悩ましいと思うテーマを検討する。
検討で出てきた新しい考え方や行動を実生活でも「練習」して
力と自信を付けていく。

例えば
「パニック発作が出たらと心配で地下鉄に乗れない」
場合、

「地下鉄で気分が悪くなったら発作が起きるのでは」
という不安をあおってしまう考えを、

「今まで地下鉄で車酔いしたことはない」
「緊張して不安にはなるだろうが、パニック発作までには
ならないだろう」

など、少し直していく。

また家から駅まで行ってみる、改札口まで行ってみるなど、
少しずつ行動を増やしていく。

短期間で効果が見えやすく、多くの精神疾患に対応できること
から、日本でも1990年代以降注目されるようになった。
うつ病では薬と併用で、パニック障害では薬に代わって、
それぞれ再発予防も含めて有効とされる。

ただ、現在実施しているのは一部の病院だけで、古川教授は
「専門家を養成する体系、導入しやすい診療報酬制度が
確立していってほしい」

と話している。

◆日常生活のヒントに

健康な人でも悩みが続いたり、強い不安から、柔軟な対応が
できなくなることもある。
認知行動療法の考えを日常に生かすヒントを紹介する。

【コップの水】
コップに水が半分。「もう半分しかない」と「まだ半分もある」。
どう考えるかで気持ちは違うが、前向きがいい、ではない。
両方の考え方があると思うことができればいい。

【書く】
(1)大変なとき、どんな状況で、どんな気持ちか、
なぜそう思うかを書き出す。メモ帳などに1行だけでも構わない。
状況への別の見方がもしできたら、それも書いてみる(図参照)。

(2)問題に直面したとき、自分が取り得る対処方法を書いて、
それぞれのメリット、デメリットを書き出すと解決法が見えて
くる。

【友人アドバイス法】
同じ悩みを友人があなたに相談したら、何とアドバイスするか
考える。

【ちょっと何かする】
例えば、憂うつでずるずる寝てしまう人は、
起きたら冷たいジュースを1杯飲んでみる。

出張続きで疲れた人は、帰りの新幹線で、マンガを買って読んで
みる。

旅行までは負担でも会社帰りに旅行のパンフレットを持って
帰ってみる。

2009年03月06日(金) 東京新聞
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック