CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
残念なニュース(延岡市で3例目) [2008年05月30日(Fri)]
2008(平成20)年05月30日(金)
宮崎日日新聞 社会面

また硫化水素自殺か 延岡
先月から3例目   民家で男性

29日午後1時半ごろ、延岡市古城町1丁目の民家内
トイレで倒れている男性(20)を消防職員が発見した。
男性は搬送先の病院で死亡が確認された。
民家内には男性の祖母(70)がいたが、避難して
無事だった。検出結果から、男性はトイレ内で硫化水素を
発生させ自殺したとみている。

延岡署によると、同日午後0時40分ごろ、
市内の農薬販売店から
「20代の男性がタクシーで農薬を買いに来た」
と同署に通報があった。

捜査員がタクシー会社から男性の住所を聞き出し、
民家内に入ったところ、硫黄のにおいがしたため
消防に通報した。トイレは中から鍵が掛かっていた。

延岡市内では、26日にインターネットカフェの
シャワー室で市内在住の男性(22)が自殺、
4月29日には女性(22)がマンション内浴室で
死んでいたのが見つかるなど、発生させた硫化水素を
吸い込んで自殺するケースが相次いでいた。


防止策決め手欠く

硫化水素による自殺とみられるケースが、
1カ月間に3件相次いだ延岡市。
関係機関は周辺住民らへの二次被害の防止策を進めているが、
自殺そのものを食い止める方策には決め手を欠いている状況だ。

延岡保健所、延岡署、延岡市、市消防本部は
27日、緊急の連絡会議を開き、自殺防止のための
連携強化を確認。自殺防止を呼び掛ける啓発ポスター
制作や配付をする案などが出た。

29日のケースでは、同保健所の保健師2名が発生現場で
待機し二次被害の発生に備えた。3件とも硫化水素を
吸い込むなどした被害者はいなかった。

ただ、自殺志願者を未然に把握し、思いとどまらせるのは
ほぼ不可能な状況だ。延岡保健所の日高政典次長は
今後の対策について
「周辺への影響が大きすぎる。今まで以上に
啓発や悩み相談電話の周知に力を入れるほかない」
と話した。

**********************

以上、引用終わり

あまりにも早く亡くなられた方のご冥福を祈りたい。



延岡市は住みやすく居心地の良い街だと思う。
人のつながりも生きている。

今回は、農薬販売店の方が110番通報し、
延岡警察署、タクシー会社が即座に動き、
消防署員の方も駆け付けてくださった。
二次被害防止のために、延岡保健所の保健師さんも
現場に出向いて対応してくださった。

地元のゲートキーパーや専門職などたくさんの方々が、
いち早く気付き、連携してすばやく行動してくださった。

結果的に1人のいのちを救えなかったことは残念だが、
同居のお祖母さまなどが二次被害に遭わずに無事だった
のは、たいへん大きなことだった。

彼女が愛するお孫さんを突然失った悲しみが今後は気になる。
ご遺族へのケアもたいへん重要になってくると思う。



高濃度の硫化水素は危険な物質である。
もちろん亡くなった方だけを責める訳にはいかないが、
自分のみならず、周りの方々の心身にも深刻なダメージを与える
可能性もあることから、ある意味、何らかの法規制の
対象となるのかも、と素人的に考えた。

【 参 考 】
川上氏のブログ
http://executive.itmedia.co.jp/b_try_and_error/archive/210/0

サリン等による人身被害の防止に関する法律
(平成7年4月21日法律第78号)
最終改正:平成19年5月11日法律第38号
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H07/H07HO078.html



自死対策、まさに待ったなしである。
「防止策 決め手なし」というが、
全国の地方自治体やNPOなどの優れた取り組みから
学び、打つべき手は必ずあるはずだと考える。

NPO法人国際ビフレンダーズ
宮崎自殺防止センターには、これからも
地道な活動を続けて、宮崎県の自死対策/遺族支援
活動の一翼を担って欲しい。
もちろん自分もできうる範囲でがんばっていきたい。
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック