CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
犯罪被害者の支えに(宮崎日日新聞) [2008年05月26日(Mon)]
2008(平成20)年05月26日(月)11:40
宮崎日日新聞
トップ>県内のニュース



犯罪被害者の支えに 宮崎支援センター利用増
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=8187&catid=74

宮崎犯罪被害者支援センター(佐藤勇夫理事長)で、
同センターの犯罪被害相談員やボランティアらが、
被害者と一緒に裁判を傍聴するなどの
「直接支援」の利用が年々増えている。

2007年度は前年度に比べ約6割増えて127件。
特に心身に深い傷を負った性犯罪の女性被害者からは
「支えてもらえる安心感がある」
との声も寄せられ、手厚い支援体制が浸透しつつある。

直接支援利用件数は2005年度が28件だったが、
06年度80件、07年度127件と右肩上がりに
伸びている。同センターの濱砂義憲専務理事は
「センターの周知が進んだことなどが要因では」
と分析する。

直接支援の内訳をみると、「法廷付き添い支援」が
55件で最多。次いで「法律相談付き添い」40件、
買い物の付き添いなど「身の回りの生活支援」19件、
「検察庁付き添い」13件と続く。

法廷付き添い支援が最多となる背景には、
センターの電話・面接相談のうち、
強制わいせつや強姦(ごうかん)などの
性的被害に関する相談が全体の約3分の1を
占める現状が反映されている。

コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック