CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
うつ病患者、悩み語り合う 秋田市で集い(秋田魁新報) [2009年03月01日(Sun)]
2009(平成21)年03月01日(日)
秋田魁新報
トップ>秋田のニュース>暮らし・話題

■ 秋田のニュース:暮らし・話題
うつ病患者、悩み語り合う 秋田市で集い
http://www.sakigake.jp/p/akita/topics.jsp?kc=20090301m

うつ病の患者同士が悩みなどを語り合う
「うつコミュニティ・うつ会秋田」
の初の集まりが1日、秋田市のサンパル秋田で開かれた。

患者ら約30人が参加し、症状や発症までの経緯などを説明。
「家族がなかなか理解してくれない」
などと悩みを打ち明け合った。

参加者は1人1人の話にうなずきながら聞き入り、
会場に共感の輪が広がった。

東京や仙台など、各地にうつ患者会を発足させてきた
NPOうつコミュニティ(上野玲代表)が

「秋田は自殺対策に力を入れ、うつ問題への意識も高いが、
患者同士が話をする場がない」

と会を立ち上げた。

30代から70代まで幅広い年代の男女が参加。
2年前に発症したという女性は

「調子の波があり、家事がまったくできない日もあるが、
そんなつらさを家族が分かってくれないのが一番の悩み」

と打ち明けた。休職後にいったん復職したが、その際の反動が
大きかったという女性は

「上司に、これからの職場にはタフな人間しかいらないと
言われ退職した」

と、生きがいの仕事を失ったショックを語った。

会は毎月第1日曜日に開かれ、地元ボランティアが運営に当たる。
次回は4月5日午後2時から、秋田市の遊学舎で行う。

問い合わせなどは名前を明記しメールで。
アドレスはmasahori-akt@hotmail.co.jp

(2009/03/01 22:03 更新)
コメント
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック