CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« お知らせ | Main | ├ ダイバーシティ度調査»
ダイバーシティ研究所ウェブ トップページ
分野別
最新記事
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/diversityjapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/diversityjapan/index2_0.xml
タグクラウド
【調査員募集】企業のダイバーシティ度調査 [2016年04月11日(Mon)]

企業のダイバーシティ度調査を実施します

企業の「働きやすさ」を可視化し、ダイバーシティへの取り組みを促すことを目的として、「企業のダイバーシティ度調査」を実施します!!
私たちと一緒に、企業の取り組みや好事例などを調査し、これからのダイバーシティに配慮された働きやすい環境づくりに挑戦しませんか?


募集人員:15名


<こんな方を求めています!> 

●学生の方へ
 大学や大学院での研究の一部や参考として
 「働くこと」と「自分のライフプラン」を具体的にイメージする機会として
 社会の変化と企業の対応を学ぶ機会として

●研究者の方へ
 ご自身の研究の一環として
 民間企業の実践事例の収集機会として

●リサーチ経験者の方へ
 これまでの経験を活かして新たな分野に挑戦する機会として


<調査の特徴>

●当研究所が、これまでの経験と実績から構築した独自の調査指標を用いています。
●調査は、3つのカテゴリで構成されています。
・「企業基本情報」
・「現況調査」… 企業の制度の運用状況や体制等の状況を調べる
・「イノベーション調査」… 社会の変化に対応するための企業の取り組み等を調べる
●調査員間の情報交換や交流の機会を設けています。


<調査方法・調査期間>

●日本を代表する企業約180社について、基本調査マニュアルに沿ったWEB調査を行います。
参考:プレ調査の結果サンプル
調査結果イメージ図.jpg

●一人あたり15社〜20社を担当していただきます。
●調査期間は、概ね5月半ば〜7月半ばを予定しています。


<調査員募集期間>  4月10日〜4月30日


<応募要件>
●企業のSR(CSR)やダイバーシティについて関心をお持ちの方
●インターネット接続環境がある方、パソコン、e-mail等、IT操作ができる方
●調査の説明のための打ち合わせに出席出来る方(調査拠点:十三・西早稲田)


<報酬>
・1社あたり2,000円の調査手当をお渡しいたします
・調査中の打ち合わせ等の交通費には、1,000円/日を上限に支給します


<応募方法>
メール本文に次の内容を記載し、「企業のダイバーシティ度調査 調査員応募」と題し、メールを送付してください。

・お名前
・ご所属
・調査等の経験の有無(ある場合は内容)
・本調査に興味を持たれた理由
・調査に対する質問など(あれば)

送信先:office@(アットマーク)diversityjapan.jp
担当:山本


岩手・宮城・福島における復興まちづくり「住民合意形成組織」調査報告 [2015年03月13日(Fri)]

岩手・宮城・福島における復興まちづくり「住民合意形成組織」調査報告についてプレスリリースを行いました。

詳細は以下のとおりです。



関係各位
2015年3月7日

特定非営利活動法人いわて連携復興センター
みやぎ連携復興センター
一般社団法人ふくしま連携復興センター
一般財団法人ダイバーシティ研究所

「若者の参加」と「行政とのコミュニケーション」に課題
〜岩手・宮城・福島における復興まちづくり「住民合意形成組織」調査報告〜

 ・回答のあった団体のうち65.5%が「若者が少ない」ことを課題としており、
 ・震災前からあった組織よりも震災後に設立された組織の方が、
  また行政からの要請により設立した組織より住民の発意で設立した組織の方が、
「行政に提案しても計画に反映されない」等、行政とのコミュニケーションにより課題を感じていることがわかりました。
 東日本大震災からの復興に取り組む「まちづくり協議会」等の設立時期や構成、活動内容、課題などについて、下記の概要で調査を行いました。
 調査結果をもとに今後の復興まちづくり推進に必要な施策や活動について、提言にまとめる予定です。また仙台で開催される国連防災世界会議パブリック・フォーラムのプログラム(*)でも一部を報告いたします。

1.調査の概要
 ・調査対象:岩手・宮城・福島の3県で復興まちづくりに取り組む団体(149団体)
 ・調査方法:郵送によるアンケート調査および同じ質問紙を用いたヒアリング調査
 ・回答率:62.4%(93団体が回答)
 *その他、調査結果の概要は別添資料を参照ください。
2.実施主体
3県の「連携復興センター」(復興支援に取り組む団体のコーディネート組織)と「ダイバーシティ研究所」が、公益財団法人日本財団の助成を受けて実施しました。
3.問い合わせ先
  一般財団法人ダイバーシティ研究所 担当:田村
  TEL : 03-6233-9540  E-mail : office@diversityjapan.jp

*2015年3月16日(月)10:00〜 仙台市市民活動サポートセンター 
 詳細はこちら http://www.machinowa.net/group/town-planning#group2-9

150310住民合意形成組織調査概要_リリース版.pdf