CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ├ 支援情報 | Main | ├ 会合・セミナー・シンポジウム»
ダイバーシティ研究所ウェブ トップページ
分野別
最新記事
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/diversityjapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/diversityjapan/index2_0.xml
タグクラウド
【復興応援情報】近所に避難所ができたらなにができる…? [2011年03月24日(Thu)]

東京事務所の清水です。

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被害の様子を見るにつけ、心を痛めています。

私の祖父は、福島県いわき市出身でした。
私も幼いころに何度か訪れていまして、
余震も原発も早く落ち着くことを祈るばかりです。

           ◎     ○     ◎

いくつもの自治体が被災者の受け入れを始めています。

東北に向かうボランティアはもちろん必要ですが、
身近なところに来られる被災者が過ごしやすい環境づくりにかかわる
というボランティアもありえます。

以下は、「こんなのあったらいいかも?」というアイディアメモです。
(避難所に来られる場合と、住宅に入られる場合とで内容が変わるかと思います)

           ◎     ○     ◎


■買い物マップ 

知らない土地で分からないですよね。買い物は気分転換になるかもしれません。

- 商店街 スーパー
- 薬局 ドラッグストア
- 介護用品、アレルギー
- 銭湯
- 床屋
- 衣料品店
- 100円ショップ
- コインランドリー


■公共施設マップ

- 病院
- 公園
- 学校
- 児童館
- 役所


■県内・市内のNPO連絡先

困ったときに問い合わせられるところがあると心強い!

- 当事者団体、専門団体
  (子育て、各種障碍、外国人、高齢者、教育・・・ほか)

  ・・・避難してきた方向けの集いを企画するのもいいかも。


■選べるパック

当面の必要物資をセットにして準備。 「選べるパック」だとなおのこといいのでは。

- 高齢者世帯パック
- 子育て世帯パック(乳幼児、児童、生徒)
- アレルギー対応パック(食べ物、化学物質)
- 介護対応パック
- 視覚、聴覚等対応パック・・・など

中身は、
- アメニティ
- 地図
- 娯楽 → 身体を動かせるものもあるとよい?   ・・・ほか


■相談窓口

専門家の力は生活を立て直す大きな助けになるはず。

- 法律
- 生活、福祉
- 職業


■インターネットコーナー

気になるのは故郷のこと、他の被災者のこと。情報収集ツールとして。

使えない方に伝える方法も考えたい。
例)目が不自由な方向けのスクリーンリーダー
   高齢の方へ紙に書いて渡す  など



           ◎     ○     ◎

参考情報:
国連人口基金がスマトラ沖地震の時に行った支援について聞いたことがあります。

支援の一つとして、ムスリム向け避難セットを配ったそうです。

中身には、女性用のスカーフの他に男性用の布(腰に巻く服)や
お祈りのための一人用カーペットまで。一つの袋にまとめて配布していました。

女性はスカーフが津波で流されてしまうと外出できず、
家に孤立しているケースもあったそうです。

           ◎     ○     ◎

多様な人に配慮した避難所運営については
https://blog.canpan.info/d_hinansho/に、
リンク集の状態ですがまとめています。


                        ダイバーシティ研究所 清水圭子
【お知らせ】ダイバーシティに配慮した避難所運営のサイト開設 [2011年03月16日(Wed)]

ダイバーシティ(人的多様性)に配慮した避難所運営のサイト集

〜避難所運営に、ダイバーシティ(人的多様性)の視点を!〜
https://blog.canpan.info/d_hinansho/


ダイバーシティ研究所(大阪)の鈴木暁子です。

この度の災害で被災された皆様にお見舞い申し上げます。亡くなられた皆様に対して心よりご冥福をお祈りいたします。

私は、昨年、「人口減少と結婚移民女性」の調査でお世話になった宮城県石巻市のボランティア団体の方々から、地震発生直後にSOSの携帯メールがあったのですが、以降の安否がわからず、いたたまれない気持ちで一杯です。今はひたすら無事を祈るばかりです。

===

これから未曾有の規模での避難所生活が始まります。そして、長期化が予想されます。

避難所運営においては、初期の段階での衣食住といったベーシックヒューマンニーズの充足に加えて、「災害弱者」と呼ばれる方々への配慮の視点も織り込む必要があります。

避難所は多様なひとたちの集合であることを理解し、特定のニーズをお持ちの方々に対して、きめ細かい配慮こそが、そこで暮らす全員のストレスが軽減され、トラブルの少ない避難所運営につながります。

1995年の阪神淡路大震災での経験を踏まえ、高齢者や女性、障がい者、子ども、外国人、難病・持病をお持ちの方々に対する、ニーズ別の支援については、実践や研究が行われてきました。
当研究所では、こうしたニーズ別の支援をダイバーシティ(人的多様性)の考え方で取りまとめ、避難所運営にダイバーシティの視点を取り入れていくことを提案していきたいと考えています。

当面の間、参考となるサイトをご紹介します。情報は随時、更新します。また、有益な情報がござしましたら、ぜひお寄せください。

===

また、こうした特定のニーズをお持ちの方々は、一般的な支援ではカバーされない、されにくいのですが、このような方々へ専門性が必要な支援を行う団体「スペシャルサポートネット関西」も、関西のNPO・「社会企業家」のリーダーが中心となって、設立されました。

団体名:「スペシャルサポートネット関西」
http://www.hnpo.comsapo.net/weblog/myblog/733/31938#31938

*当研究所も参画しております。
【難病】避難所運営のための参考リソース [2011年03月14日(Mon)]

【災害時における難病患者支援マニュアル】
静岡県中部保健所



【糖尿病(人工透析)】
日本透析医会災害情報ネットワーク
災害時情報伝達・集計専用ページ
http://www.saigai-touseki.net/


【オスメイト(人工肛門)】
社団法人オストミー協会
「オストメイトの災害対策」
http://www.joa-net.org/contents/useful/06.htm


【希少難病】
SORD(希少難病患者支援事務局)
http://www.sord.jp/


【人工呼吸器】
東京都福祉保健局
【アレルギー】避難所運営の参考サイト [2011年03月14日(Mon)]

・NPO法人アレルギー支援ネットワーク

「アレルギーっ子と防災」
新潟県中越地震支援活動奮闘記

http://alle-net.com/bousai/index.html


・アレルギーの会全国連絡会

http://www.allezen.net/hisaisien.html
【乳幼児】避難所運営のための参考サイト [2011年03月14日(Mon)]

「乳幼児の事故防止と災害対策 災害体験に学ぶ(妊婦や乳幼児の保護者に伝えたいこと)」
東京都福祉保健局

【高齢者】避難所運営の参考サイト [2011年03月14日(Mon)]

災害時に避難所で高齢者の看護にあたられる皆様へ
-避難所で生活する高齢者が抱える問題とその対処-

兵庫県立大学大学院看護学研究科21世紀COEプログラム
http://www.coe-cnas.jp/group_senior/manual/manual04/index.html
【自閉症・発達障がい】避難所運営の参考サイト [2011年03月14日(Mon)]

【避難所等での自閉症児者支援】

 自閉症 ・ 発達障害児者 の教育・支援フレームワーク
 水野 敦之(みずの あつし)さんの個人ブログから抜粋です。
http://blog.goo.ne.jp/bouzan0807/e/4a79a0aec80431c436d0d78483427cba


【防災ハンドブック】
 発行元:社団法人日本自閉症協会
http://www.autism.or.jp/bousai/

支援者向け


本人・家族向け


助けてカード


【女性】避難所運営のための参考リソース [2011年03月14日(Mon)]

・「女性と防災」に関するサイト集  NPO法人参画プラネット ウェブサイト
 https://blog.canpan.info/sankakudo/archive/31


・WAN(ウイメンズアクションネットワーク)のサイトにも、
「女性の視点からの災害対策情報」がアップされています。
http://wan.or.jp/

===
 NPO法人参画プラネット 渋谷典子さん(代表理事)からのメッセージです。

・各避難所での生活がすでに始まっています。すべての避難所に下の情報を届けることが必要です。

・「避難所運営委員会」も設けられるはずです。そこに確実に下の情報を届けることが必要です。

・各避難所で女性たちがつながり、この情報を共有することが必要です。

・避難所運営委員会に、下の情報をもった女性が加わることが必要です。



===
■大分県生活環境部 県民生活・男女共同参画課が「女性の視点からの防災対策のススメ」(19年2月発行)より抜粋
「避難所生活での工夫」 (PDF全文はこちらから)

 

2ページ
もしもあなたの地域で災害が起こり、 避難所生活を余儀なくされたら…

安全・安心・快適な空間を確保しましょう

避難所では、限られた空間で多くの人々が集団で生活を することになります。被災者が、更なる二次災害を受けることがないよう、次のような工夫を図ることが必要です。

●一人暮らしの女性や 高齢者 ・ 障がい者 、乳幼児のいる家族等の 被災者の状況に応じ、 間仕切りをするなど の配慮を行い、快適な居住スペースの確保 に努めましょ う。

●仮設トイレの設置にあたっては、特に女性や子どもの安全・安心に配慮した場所や通路を確保しましょう。

●男女別の更衣(又は化粧)スペースを用意しましょう。
※女性用化粧室には、鏡や女性用品を準備しておくと便利です。

●女性用洗濯物の干し場を確保しましょう。

●乳幼児のいる家族に配慮した授乳スペース・育児スペースを確保しましょう。

●女性や子どもへの暴力を防止し、心身の健康を守るために、女性や子どものための相談窓口を設置しましょう。
※過去の大震災では、女性や子どもに対する暴力 (ドメスティック・バイオレンス、性犯罪等)が増加したという調査報告があります。

●イベントの開催や、誰もが利用できるフリースペースを確保し、心身のリフレッシュやストレス解消を図りましょう。

このような空間を確保することで、被災者同士のプライバシーや、特に女性の安全・安心が守られるこ とになります。

3ページ
安全・安心・快適な避難所生活を確保するため、 さまざまな工夫を図りましょう

みんなで共同して作業をしましょう

【障がい者・児】避難所運営のための参考リソース [2011年03月14日(Mon)]

【地域生活支援事業所のための 地域で進める障がい者支援ガイドライン】

 NPO法人 NPO愛知ネット



【障がい者全般】

『災害弱者防災行動マニュアルへの提言』 発行:
http://www5d.biglobe.ne.jp/~miraikai/jyakusya/jyakusya%20iriguchi.htm


【ろうあ者・児】

財団法人全日本ろうあ連盟
http://www.jfd.or.jp/