CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«SRカフェ | Main | 6/14(月) オープンハウス実施(東京事務所)»
ダイバーシティ研究所ウェブ トップページ
分野別
最新記事
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/diversityjapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/diversityjapan/index2_0.xml
タグクラウド
5/28(金) EESC主催国際会議にビデオ参加 [2010年06月18日(Fri)]

2010年5月18日、ブリュッセルで開催された欧州経済社会委員会主催の日欧合同ワークショップ
「CIVIL SOCIETIES OF THE EU AND JAPAN WORKING TOGETHER ON GLOBAL CHALLENGES」
へ、当研究所の研究主幹 鈴木暁子がビデオ参加しました。

欧州経済社会委員会(European Economic and Social Committee)とは欧州の経営者団体、労働組合、農民、消費者団体などの代表から構成される非営利団体であり、欧州委員会の政策決定に影響をあたえる諮問機関です。現在、27の加盟国から344名の代表が参加しています。

同ワークショップは、来年失効をむかえる日欧行動計画(2001-2011年)の後継への提言をおこなうために、日欧の市民団体・研究者が意見交換することを目的にしたものです。地球規模課題について日欧の市民社会の果たすべき役割について協議されました。

当日のプログラムはこちらから(EESCのウェブサイトにジャンプします)

ダイバーシティ研究所からは、日欧に共通する社会課題である少子高齢化を背景に、日本の企業や自治体を対象にした調査結果を踏まえ、「ダイバーシティ」推進が必要とされる状況について報告しました。


ヨーロッパでは社会課題の解決の手法として、複数のステークホルダー(利害関係者)による円卓会議(マルチステークホルダーによるラウンドテーブル)の設置が広がっています。EESCはこの手法を体現する組織であるためか、日本での「マルチステークホルダープロセス」の現状や「円卓会議」にも高い関心が寄せられていました。また、このテーマでは、黒田かをりさん(CSOネットワーク共同事業責任者)も発題されました。

ヨーロッパの市民社会における課題の合意形成のための手法を共有し、課題解決の共通点を見いだせたことは当研究所にとって大きな収穫となったように思います。

プレゼンテーションがぎこちなく及第点にはほど遠いのですが、次への糧といたします(鈴木)。

※下記の画像をクリックすると、Windows Media Player等のメディアプレイヤーが立ち上がります。(言語:日本語、英語字幕、15分、200MB)

【├ 登壇しました・講演しましたの最新記事】