CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«東京事務所の周りには・・・ | Main | 風薫る5月»
ダイバーシティ研究所ウェブ トップページ
分野別
最新記事
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/diversityjapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/diversityjapan/index2_0.xml
タグクラウド
【寄稿】「NPOマネジメント」66号 [2010年05月06日(Thu)]

ケーススタディ:地域で進める社会責任(SR)  第12回

学生や地元企業とともに進める地方都市のSR
 〜特定非営利活動法人 新潟NPO協会〜



 政権が変わり「新しい公共」という用語がクローズアップされるとともに、その手法として「マルチステークホルダープロセス」や「円卓会議」への認知度も、わずかながら高まりつつあります。一方で、人口減少が急速に進行する中山間地では、担い手不足から、マルチステークホルダープロセスによる取り組みは難しいという声も聞かれます。

今回は、大学生や地元の経済団体を地域社会の担い手と位置付け、連携を深めながら「新潟らしい社会責任(SR)」を模索する、(特)新潟NPO協会の一連の取り組みを紹介します。
前半は取り組みの概要について、後半は富澤佳恵さん(事務局長)や橘由紀夫さん(同協会会員)、および森真依子さん(新潟大学法学部にいSR部部長)へのインタビューを中心に紹介します。(鈴木暁子(研究主幹))


 
森真依子さん(新潟大学法学部にいSR部部長)




 地元企業にヒアリングを行うにいSR部の学生

 活動の様子は、にいSR部のウェブサイトで公開中!
  https://blog.canpan.info/niisr/


(続きはこちらから)
◇『NPOマネジメント 第66号(2010年4月発行)◇
  → https://blog.canpan.info/npomanagement/ 

 *1冊840円(書店ではお求めになれません)