CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年03月 | Main | 2015年05月»
アンゴラのダイヤモンド採掘における人権侵害Vol.2 [2015年04月19日(Sun)]
アンゴラのダイヤモンド採掘における人権侵害Vol.2


【2015年3月25日(水)アンゴラ=ラファエル・マルケス・デ・モライス(ガーディアン新聞:英国)】
「『血のダイヤモンド』の主張を巡り、アンゴラ人ジャーナリストに対して追加告訴」

〜アンゴラの検察がラファエル・マルケス・デ・モライス氏(アンゴラ人ジャーナリスト)を新たに15件の罪で告発、裁判所前で擁護者と警察が揉み合いに〜

繧「繝ウ繧ウ繧吶Λ2.jpeg
裁判所前で揉み合いとなる警察官とラファエル氏の擁護者
:Estelle Maussion/AFP/Getty Images


アンゴラのダイヤモンド鉱山で残虐行為や人権侵害に関与したとして軍や企業幹部を訴えた有名なジャーナリストが名誉棄損罪に問われている件について、アンゴラの検察側が彼に対して追加の罪での起訴を発表したため、公判が延期されることになりました。

ラファエル・マルケス・デ・モライス氏(43)は名誉棄損罪で9件の刑事告訴を受け、24日午前、アンゴラの首都ルアンダの法廷に出頭しました。しかし、開廷の大幅な遅れの後、マルケス氏の2012年の著書「血のダイヤモンド:アンゴラの腐敗と拷問(Blood Diamonds: Corruption and Torture in Angola)」を巡って、マルケス氏が新たに15件の名誉棄損罪に問われることが弁護人に伝えられました。著書には、治安部隊やアンゴラの軍部がアンゴラ・クワンゴ地域にあるダイヤモンド鉱山の周辺住民や末端の採掘労働者に対して行ってきた100件以上の殺害と何百件もの拷問の詳細が書かれていました。

新たな罪が発表されたことを受け、マルケス氏は自身のツイッター上で「今日、9件の名誉棄損罪のために出廷した。新たに15件もの名誉棄損罪を突き付けられた。言語道断だ!」とつぶやきました。

フランス通信社によると、今回の騒動は、裁判官が、扉を閉鎖しマスコミや一般市民を締め出して、非公開で訴訟を行うと決定したことを皮切りに、マルケス氏の擁護者と警察が裁判所前で揉み合いになりました。抗議していた数人が逮捕されましたが、その中には「ラファエルを解放しろ」、「軍人を拘置しろ」といったプラカードを掲げ、声を上げて訴える人もいました。

訴訟の日の後、裁判官は弁護人に新たな起訴内容に対する弁論の準備期間を与えるため、4月23日まで裁判を延期することを決めました。マルケス氏が有罪の場合、9年の服役と名誉棄損の賠償金80万英ポンド(日本円にして約1億4千万円)が科せられます。
マルケス氏は「軍や企業幹部は血のダイヤモンドで利益を得ているため、共謀して暴行を行い、虐殺を止めるために何もしなかった」と主張しています。

彼がこの件で軍の「倫理的責任」を問おうと刑事告発を決めたことをきっかけに、軍や関係者らがアンゴラの前植民地支配国ポルトガルでマルケス氏を名誉棄損罪で告訴しました。
しかし、リスボン公訴局は2年前、証拠不十分としてこの主張を退けています。現在、軍や告訴人らはアンゴラの裁判所を通してマルケス氏を訴えています。

マルケス氏は自宅の小さな台所で立ち上げた事実調査ウェブサイト「マカ・アンゴラ(Maka Angola)」を7年間管理していますが、以前、アンゴラのジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス大統領を独裁者と表現したため拘置されました。マルケス氏は1999年に罪状なく43日間監禁され、独房で何日間も食料や水を口にせず過ごしました。

彼はこの訴訟の状況を「不条理な状況だ」と言います。先週、検閲時評(Index on Censorship)主催の表現の自由賞・ジャーナリズム部門の共同受賞者挨拶では「この訴訟は私をより強くしてくれるだろう」と述べました。
その後、彼はイギリスの新聞「オブザーバー」の取材に対して「アンゴラ国民が政府当局の責任を問うたからといって、恐れたり難題だと感じたりする必要は全くないことが、今回の訴訟で明らかになるだろう」と話しました。

※ 本記事は英国の新聞「The Guardian」に掲載されてものを、DFPにて翻訳したものです。
原文「Angolan journalist faces further charges over blood diamonds claims」http://www.theguardian.com/world/2015/mar/25/angolan-journalist-libel-charges-blood-diamonds-claims

<関連記事>
アンゴラのダイヤモンド採掘における人権侵害 Vol.1
アンゴラのダイヤモンド採掘における人権侵害Vol.1 [2015年04月18日(Sat)]
アンゴラのダイヤモンド採掘における人権侵害Vol.1


【2015年3月23日(月)アンゴラ=ラファエル・マルケス・デ・モライス(ガーディアン)】
「人権侵害の本を書いたために、私は今週にも収監されるかもしれない」

〜アンゴラでジャーナリストとして仕事をするのは困難だ。私は政治的腐敗と戦う。なぜなら腐敗は政府が社会を抑圧するための最も洗練された武器だからである。ラファエル・マルケス・デ・モライス〜


アンゴラ
アンゴラのダイヤモンド採掘場:Olivier Polet/Corbis

私の名前はラファエル・マルケス・デ・モライス、アフリカ南西部に位置するアンゴラのジャーナリストです。私は今週にも収監されるかもしれません。それは私がアンゴラのルンダスというダイヤモンドが豊富に産出される地域における人権侵害を暴露する本を2011年に書いたからです。

9つの名誉毀損の容疑で私を審理する裁判の最初の公判で、国務大臣であり大統領府情報局長のコペリパ将軍を含む7人の強力な将軍たちが、明日証言台に立ちます。
彼らは警備会社を共同所有しており、その会社の職員が多くの殺人や拷問を実行したことを私は著書に記しました。彼らはまたダイヤモンドの利権を持つ、国も出資する合弁事業の大株主であり、そこではあらゆる悪事が行われました。

私は恐れてはいないし、自分の仕事を誇りに思っています。私が最初に裁判所の被告席に座ったのは1999年、大統領を独裁者であり腐敗した男だと名指しした時でした。彼は先ず私を投獄しました。そして私を釈放した日に私を告発しました。収監されていた43日間、私は牢獄の中で行われる様々な虐待を目撃し、それらを内外に向けて発信し続けました。その行為は私に人権の擁護者としての評判を与えました。牢獄での体験は、私に人権とは何かということを教えてくれたのです。

昨年、13歳の息子がどうして私が仕事に就くことができないのか尋ねました。私がキッチンでパソコンと多くの時間を費やしていることを彼は心配したのでしょう。一方で、彼は私の作る料理を褒めてくれますが。政府は、私のジャーナリストとしての能力を破壊するために、何年にも亘って私を自宅キッチンに閉じ込めたのです。家の外で忘れることなく永遠に私を監視し、情報源から切り離し、私を社会的に孤立させようと通信手段を監視しているので、最近はキッチンが私の仕事場になっています。玉ねぎを切ったりニンニクを潰したりしている間に、私はアンゴラの高官の腐敗や人権侵害を調査します。これが私の仕事ですが、私が正直であること、貧困であったり社会的排除を受けていることについて、私が恥じるよう望む者もいます。私の息子もそのような圧力を感じていたのでしょう。

腐敗と人権侵害の二つの問題がどうして非常に重要なのか説明しなければなりません。人間の命がアンゴラではおとしめられています。もっともアンゴラの支配エリートの命ならば話は別ですが。この国は2014年まで過去7年間世界で最も経済が急成長している10か国のうちの一つですが、一方で、今アンゴラは世界で幼児死亡率が最も高い国になりました。豊富な石油やダイヤモンドによって得た潤沢な資金は、主に賄賂や政府の広報活動のために使われており、「高い経済成長率と高い幼児死亡率」という逆説は、国内でも海外でも問題視されていないようです。

政治的なリーダーや国民が人命を大切にしない国では、社会共通の利益/公共の利益といったことはほぼ実現することはできません。それは支配者と国民、現実の間の断絶を継続させ、支配者は権力を濫用し国の資源を分捕り、人びとを虐げる権利があるように感じてしまうのです。

私は政治的腐敗と戦います。なぜなら腐敗は政府が社会を抑圧し市民を堕落させる最も洗練された武器だからです。

アンゴラでジャーナリストであることはいずれにせよ問題をはらんでいます。ジャーナリストの大多数は国営メディアで働いており、彼らの仕事は政府の宣伝活動です。政府は、それらのジャーナリストに寛大な報酬を与えます。しかしそのようなジャーナリストは一般の人びとから嫌われています。
他方、民間の小規模なメディアで働くジャーナリストもいますが、ほとんどはメディアの所有者と政府高官とのコネクションによって、間接的に政府の支配下に置かれています。そのようなジャーナリストは自己検閲をして政府の宣伝を報道し、裕福な生活を送ることができます。これらのジャーナリストは、政府側に取り込まれる可能性が高いと批判されることが多く、また政府の動きに対しても無関心です。
そして、残るジャーナリストのカテゴリーは社会的な不適応者です。これらの人びとは公然と一貫して政府に立ち向かっている対極的な人物です。

アンゴラおいては、メディアに報道される真実と虚構を見分ける努力を日常的にしなければなりません。ジャーナリストは信用されていないのです。しかしジャーナリズムのプロとしての基準を確立し、独立ジャーナリストの活動の場を創るために、私は調査をしながら報道する仕事に従事しています。

名誉毀損の罪に関わる9つの容疑に対応するに際して、私が巻き込まれている不条理な状況と取り組まなければなりません。私が起訴されているのは、公式には自分の著書の内容が理由なのではなく、幾つかの出来事に関して将軍たちの道徳的な責任について私が苦情を呈したからであり、それはすなわち国家と私の対立なのです。将軍たちは最初ポルトガルで私を告訴しましたが、その訴訟は2013年に棄却されました。彼らはアンゴラで同じ内容で告訴しましたが、アンゴラの憲法の下では同じ事実について、私を二度告訴することはできません。たとえ最初の告訴がポルトガルであったとしても同様です。

息子は私が仕事を持っていることを今は理解しており、「どのようにしてこの状況を変えることができるの」と尋ねます。彼はまた私が作る食事の見栄えを良くするよう望み、「グルメの食べ物のように」と彼は言います。

私は新しいレシピを持っています。それはキッチンでの料理とジャーナリスト活動の二つの仕事の技術を磨くことです。

ツイッター名@rafaelmdemoraisによってラファエル・マルケス・デ・モライスをフォローすることができます。

※本記事は英国の新聞「The Guardian」に掲載されたものをDFPにて翻訳したものです。
原文:「This week I may be jailed for writing a book on human rights abuses 」http://www.theguardian.com/commentisfree/2015/mar/23/this-week-i-may-be-jailed-for-writing-a-book-on-human-rights-abuses

<関連記事>
アンゴラのダイヤモンド採掘における人権侵害 Vol.2
Liberia NOW!第3回「バイク事故という社会問題と、薄れつつあるエボラウィルス予防の意識」 [2015年04月15日(Wed)]
第3回 「バイク事故という社会問題と、薄れつつあるエボラウイルス予防の意識」


7.JPG
モンロビアの町を行き交うバイクタクシー 
<サミュエル・G・コリンズ撮影>

 エボラウイルスによる脅威から解放されつつあるリベリアですが、ウイルス出現以前から続く、ある社会問題が人々を苦しめています。それは、「バイク事故」です。経済活動において大きな助けになるバイクですが、事故による手足の切断や、時には命を奪うほどの大事故を引き起こしています。リベリアではあまりに危険なためにバイクに乗る人を「自爆者」と呼ぶほどですが、生計のためにバイクタクシーとして運転している人の多くは、14〜34歳の若い世代です。

 リベリア政府はこの問題の深刻さを受けて、首都モンロビアにおけるバイクタクシーの通行を禁止するという方策を取りましたが、これには賛否両論があります。反対派の市民の主張は「人口の多いモンロビアでは、通常のタクシーだけでは足りない」「バイクタクシーの通行禁止は、若者の雇用機会を減らし、犯罪を助長させる」というものでした。バイクタクシーの運転手は、低所得者の職業であり、雇用が失われることによる治安の悪化を懸念しているのです(リベリアでは多くの住民が強盗やギャングに命や財産を奪われてきました)。

 一方で、政府の方策に賛成しているのは、主に通常のタクシー運転手たちです。リベリアでは、バイクタクシーはタクシーの倍の料金です。それでも興味深いことに人々はバイクタクシーを選びます。何故なら、ひどい渋滞のためタクシーは遅れる事が多く、より速く移動できるのはバイクタクシーの方だからです。こういった状況の中で、両運転手の間には緊張関係が生じています。バイクタクシー運転手を殺そうと計画したタクシー運転手が、逆に車両を燃やされたという話もあります。一般市民の中にも、政府の方策は必要とする声もあります。日々多くの若者が命を落としたり、障害が残るような事故に巻き込まれている現状があるからです。

 この問題は、エボラウイルス問題にも繋がります。痛ましいバイク事故などの現場ではリベリアの人々は感情的になり、「人との接触を避ける」「大人数で集まる事を避ける」という感染予防意識が薄れてしまうのです。例えば写真のような衝突事故現場では大きな人だかりが出来ました。涙を流している女性もいる中で、警官は人だかりをコントロールできなくなるといった状況が、リベリアではよく起きる事なのです。

 数ヶ月前、リベリアでは人々は互いに接触することを恐れていました。接触が原因となってエボラウイルスに感染し、人が蟻のように死ぬのを見たからです。しかし今、ウイルスの脅威が去りつつある中で、人々は以前のような生き方に戻ろうとしています。多くの人々は握手をし、抱き合い、挨拶のキスをします。どれも感染のリスクが高まる行動であるにもかかわらず…。エボラウイルスが以前、多くの国で突発しそして再発した歴史を忘れてしまったかのようです。

 これは深刻な問題です。政府も国際的な支援団体も、エボラウイルス根絶までは、感染予防の啓蒙活動を続けなければなりません。さもなければこれまでのエボラウイルスとの戦いに費やしてきた努力は水の泡となることでしょう。エボラウイルスとは、たった1人の感染者の行動如何によって、リベリアや隣国をも恐ろしい状況に陥れる、極めて危険なウイルスだからです。

A scene of Motor bike accident 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ.JPG


A scene of  motorbike accident 4 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ.JPG A scene of Motor bike accident 3 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ.JPG
事故現場を見つめる住民たち

Liberia NOW!第2回「リベリアの『デコレーション・デイ』」 [2015年04月11日(Sat)]
第2回「リベリアの『デコレーション・デイ』」


National decoration day 1 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ.JPG
先祖のお墓を飾る人々
<サミュエル・G・コリンズ撮影>

 3月、リベリアには2つの祝日があります。1つ目がデコレーション・デイ(3月の第2水曜日)、2つ目がJ.J.ロバーツ記念日(3月15日、リベリア初代大統領の誕生記念日)です。デコレーション・デイは、先祖を尊重して先祖の墓を飾る記念日ですが、お祝いの方法は様々あります。例えば、ある人は、お墓を飾りながら楽しくお祭り騒ぎをして過ごします。そのように、陽気な雰囲気でお祝いをする人のほとんどは、お酒を飲んで気分を高めています。一方で、亡くなった人々への悲しみを表して、しばしば泣きながら、霊歌を歌う人もいます。

 悲しいことに、毎年この日は、多くの墓地で参加者同士の暴力を伴う争いが目立ちます。このような争いの多くは、一つの墓について複数の家族が持ち主であると主張したときに起こります。特に今はエボラウイルス病の大流行の記憶がまだ鮮明であり、人々の間でこのような醜い争いを最小限に食い止めるために、リベリア警察当局は2015年のデコレーション・デイ当日、国内にある複数の墓地に警官を配備しました。わずかに騒動が報告されましたが、警察がなんとか状況を収拾することに成功したので、手に負えない事態に発展することはありませんでした。

 面白いことに、泣いたり、楽しんだりしながらお墓を装飾している人々がいる一方で、ビジネスマンの中にはこの機会を商売に利用しようとする人がしばしば見受けられます。墓地の一部が実質的には市場となっているのです。彼らは果物や飲み物、お墓を塗装するためのペンキ、カットラス(農耕用のナタ)など様々な商品を売っています。

 特筆すべきは、今年のデコレーション・デイが、エボラウイルス病によって亡くなった人々の遺体が眠る多くの墓も含めて、リベリア政府や人道支援団体、また亡くなった人の家族が追悼をしたことにより、今までとは違った新しい形でお墓の装飾をすることになったということです。それはとても見るに忍びない悲しい光景でしたが、その状況に対して誰もどうすることもできなかったのです。リベリアの人々がこれからすべきは、この悲惨な状況を互いが結束する機会とし、潜在的な被害を食い止めるべく戦うことです。

National decoration day 2 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ.JPG
ペンキを塗られ、装飾されたお墓

National decoration day 3 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ.JPG
墓地で商売をする人々
<サミュエル・G・コリンズ撮影>
Liberia NOW!第1回「リベリアの市民が生き残る道」 [2015年04月02日(Thu)]
第1回 「リベリアの市民が生き残る道」


red light1.JPG
 レッドライト市場を行き交う人々
   <サミュエル・G・コリンズ撮影>

数日前、私は首都モンロビア郊外のペインスヴィルにあるレッドライト市場を訪れ、行き来する人々のやりとりを観察していました。市場には、商品を売買する人が集まっていました。その中で私が関心を寄せたのは、エボラウイルス病がまだ国内から完全に消えたわけでもないのに、人々が感染の危険性がある多くの人が集まる場所にやってきて、懸命に生きている姿でした。リスクがあるとわかっていても、それ以外にどうしようもなく、それが多くのリベリア人にとって唯一の生きる道なのです。苦しい状況に置かれている市民の大多数が10代の若者であり、その大半が社会の庇護を必要とする若い学生です。そのようなリスクを冒す行動をとる若い学生を見て、エボラウイルスによって心に植え付けられた悲劇的な出来事、家族をエボラウイルス病で亡くしたこと、為す術もなく故人の傍に立ちつくして涙を流していたことを、彼らがもう忘れてしまったと思うかもしれません。しかし、彼らはそのような出来事を忘れたのではなく、ことわざでいう「腹を空かした者は怒りっぽい」という状態なのです。市民に話を聞くと、これはジレンマだと言いました。例えば、人ごみに寄り付かないようにすれば、エボラウイルスへの感染の危険性は減るかもしれないが、飢えやエボラ以外の病気で死んでしまう。一方で、人が集まる場所に行くとエボラウイルスへの感染の危険性はありますが、日々を生きていくためには何もしないわけにはいかないため、ただ神を信じて、人の多く行き交う場所へ日々の糧を買いに行くのだそうです。写真でもわかるように、人々はさまざまな目的があって、レッドライト市場へ向かうのです。

実際、政府はエボラ感染拡大のある恐れのある、「人の集まる場所」に目をつぶってはいません。警察は路上販売者を追い払おうと何度も商品や机を壊しましたが、すべての対策はうまくいきませんでした。そこで政府は再度認識を改め、エボラウイルスが存在し続ける中で、予防対策を行うべきと考えて、あらためて国民ひとりひとりの意識を高めるように、方針を変更しました。この政府の決定は、各人が自分の安全に責任をもつ上で最善の方法だと思います。エボラウイルスの危険性を知っていれば、食料調達に人の集まる場所へ行ったとしても、予防策に従って行動することができるからです。

red light2.JPG red light3.JPG Scene 1 at the Red Light commercial center.JPG 

レッドライト市場を行き交う人々
 <サミュエル・G・コリンズ撮影>
Liberia NOW! [2015年04月02日(Thu)]
Liberia NOW!


リベリアの今を伝えるレポート「Liberia NOW!」を開始しました。リベリアプロジェクトスタッフのサミュエルが、現地の目線で綴った、リベリアの人々の生活、文化、政治等を伝える臨場感溢れるレポートです。
今後も定期的にレポートを紹介していく予定です。マスメディアでは知り得ない情報満載です。お楽しみに!

第7回 交通網整備はリベリアの発展を加速させる鍵となりうるか? (2015年9月)NEW!
第6回 リベリアにとって地方分権化はタイムリーだろうか(2015年9月)
第5回 「リベリアは完全にエボラから解放された国家になることができるか」(2015年5月)
第4回 「ブッカー・ワシントン職業訓練校とエボラ」(2015年5月)
第3回 「バイク事故という社会問題と、薄れつつあるエボラウイルス予防の意識」(2015年4月)
第2回 「リベリアのデコレーション・デイ」(2015年4月)
第1回 「リベリアの市民が生き残る道」(2015年3月)