CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«別添1 研修プログラム | Main | 【ご案内】北海道CBRネットワークセミナー2014 「障害と開発:障害平等研修を事例に」»
【ご案内】2014年 第1回 障害平等研修ファシリテーター養成講座  [2014年06月05日(Thu)]

DET Forum logo-04 v2.pngxci_support_01.gif.pagespeed.ic.a9fpMYZscy.png

はじめに:日本国内で初めての開催となる障害平等研修(DET)ファシリテーターの養成講座です。これから進める日本の障害平等研修の実施を担っていただくファシリテーターを養成します。インクルーシブな社会を作っていく障害教育を担う人材の養成です。

障害平等研修とは:障害平等研修(Disability Equality Training: DET)とは、障害者自身がファシリテーター(進行役)となって進める障害学習です。企業や自治体などの組織を対象に、発見型学習という対話に基づく方法を用い、障害者を排除しないインクルーシブな組織づくりを参加者と一緒に考えていく研修です。

問題は「何」だろう?.png


ファシリテーターは、障害をめぐる対話の進行役を務めます。障害とは障害者の社会参加を阻む障壁であるという「障害の社会モデル」の考え方を基礎に、発見型学習という方法論を用いて対話を進めていきます。

障害平等研修の詳細については別添2を参照ください。

曽田さん講師.png

1. 研修名:
第1回 障害平等研修ファシリテーター養成講座

2. 日程 
教室型と自習型により計60時間の研修となります。
教室型の実施日程は以下になります:
9月6日(土)、7日(日):9.00-17.00
9月27日(土)、28日(日):9.00-17.00
11月29日(土):9.00-17.00
*詳細な日程は別添1を参照ください。時間については多少の変更の可能性がある点をご承知おきください。

3. 研修会場
最初の4回(9月6日、7日、27日、28日)は
東京大学駒場キャンパス(東京都目黒区駒場3-8-1)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map02_02_j.html
最終回(11月29日)は東京大学本郷キャンパス(東京都文京区本郷7−3−1)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html
*詳細については選考後、参加者に連絡いたします。

4. 応募条件
以下の3つの条件を満たす方:
・障害当事者の方で障害平等研修ファシリテーターとなり、研修を実施したい方。
・障害平等研修を通してインクルーシブな社会の形成に貢献したい方。
・障害平等研修フォーラムのファシリテーター規約に同意いただける方。(規約は後日提示します)

5. 研修講師(予定)
久野研二:障害平等研修フォーラム代表、国際協力機構・国際協力専門員(社会保障)
マレーシア、コスタリカ、フィリピン、ヨルダン、キルギス、ウズベキスタン、ルワンダなどで障害平等研修ファシリテーター養成講座を実施し、130名以上のファシリテーターを養成してきた。

黒嵜隆:弁護士、フロンティア法律事務所
弁護士として障害者差別解消法の推進に貢献している。

6. 定員
16名

会場の写真.png

7. 申し込み締切
2014年6月26日

8. 申し込み方法
別添3の申込用紙を障害平等研修フォーラム事務局にメールもしくは郵送にて提出下さい。
〒 146-0094
東京都 大田区 東矢口3-31-8 HASUNUMA-BASE内
障害平等研修フォーラム(担当:内海)
電話:070-5363-6443  メール:info@detforum.com

9. 助成・共催・後援
日本財団助成事業
東京大学 社会的障害の経済理論:実証研究(REASE)

10. 合理的配慮
情報保障など合理的配慮が必要なかたは申込用紙にご記入ください。

11. 講座費用
15,000円(教材費込)
他に、障害平等研修フォーラム会員登録料が5,000円(年額)となります。
選考確定後、指定の口座に事前振り込みとなります。口座情報や支払期日などは選考後ご連絡いたします。

12. 修了証など
本研修を規定に基づいて終了した方に、本養成講座の修了証を授与いたします。この修了証は障害平等研修フォーラムが定めるものです。

参加条件について:事前学習レポートの提出が養成講座参加の条件となります。事前学習レポートの提出がない場合、参加をお断りする場合がございます。事前学習の教材は選考後送付いたします。

修了証について:全日程参加していること、既定の到達度に達していることなどが終了証授与の条件となります。講座終了後、障害平等研修の実施回数やレポートの提出など一定の条件を満たした段階で障害平等研修フォーラムとしてのファシリテーター認定証を授与いたします。

13. その他

14. 問い合わせ先:
障害平等研修フォーラム
〒 146-0094 東京都 大田区 東矢口3-31-8
HASUNUMA-BASE内(担当:内海)
電話:070-5363-6443
メール:info@detforum.com

別添
1. 講座プログラム
2. 障害平等研修の概要
3.別添3研修申込用紙(推薦用紙を含む.doc

【案内】第一回DETファシリテーター養成研修.pdf

会場の写真2.png
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント