CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【ご案内】北海道CBRネットワークセミナー2014 「障害と開発:障害平等研修を事例に」 | Main | 新しいパンフレット完成»
【ご案内】開発と障害〜「感動をありがとう!」を越えて [2014年07月04日(Fri)]

みなさま

日本では現在ただ1人の障害平等研修ファシリテーターである、曽田夏記さんの発表の案内です(●´∀`●)

開発教育協会(DEAR)が8月に聖心女子大学(東京)で第32回開発教育全国研究集会を開催するのですが、この時「開発と障害」の分科会が開かれます。

第3分科会「 開発と障害〜「感動をありがとう!」を越えて」
(ゲスト:障害平等研修ファシリテーター・曽田夏記さん、DPI日本会議事務局長・佐藤聡さん)

8月10日のプログラムです。

詳細はこちらから。
http://www.dear.or.jp/zenken2014/day2.html

研究集会全体の案内は、以下にあります。
http://www.dear.or.jp/zenken2014/index.html

この研究集会は、開発教育、ESD、市民教育、国際理解教育などに関心のある人たちを対象に毎年開かれているものです。

ここで「障害」が取り上げられるのは初めてのことだそうで、事務局も期待しています!
(ノ>▽<。)ノ
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント