CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«DETフォーラムの活動 | Main | 障害平等研修とは?»
障害平等研修フォーラムのミッション [2014年01月23日(Thu)]

障害平等研修は1990年代後半から英国で障害(者)差別禁止法の推進のための研修として発展しました。

障害平等研修フォーラムは2005年に任意団体として形成され、主に途上国での障害平等研修の推進に関わってきました。2014年から日本国内での推進に向け本格的な取り組みを始めます。

世界的な流れを見ると、2006年に障害者権利条約が採択され、「障害」は個人ではなく社会の側にあり、「障害者の権利と尊厳を保障する」という考え方が世界に広まりつつあります。

日本でも、2013年6月に障害者差別解消法が成立し、2016年4月に施行されることとなりました。

こうした動きを背景に、日本を含む世界では「社会にある障害を取り除き、合理的配慮を整備する」ことがまさに求められています。

その新しい規範を理解し実行するための手段として、障害者自身がファシリテーターとなって参加型、発見型の手法を用いて行う障害平等研修を広く伝えることで「インクルーシブな社会を実現すること」がDETフォーラムのミッションです。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント