• もっと見る

«おもしろいフライヤーが生まれます(その1) | Main | 『主張するデザイン』―市民活動・NPOのデザイン博»
最新の記事
カテゴリー
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新のコメント
ちちにい
サービスグラントLOUNGEレポ (07/22)
おもしろいフライヤーが生まれます(その2) [2009年05月12日(Tue)]


5月11日月曜日、渋谷QFRONT内にあるワイアードカフェにて。
フライヤーの打ち合わせ、しました!

タイトなスケジュールにも関わらず、
コウヘイさんがオモテ面のキャッチコピーと、
ビジュアル、そしてウラ面のデザインを仕上げてくれました。
今回つくるのは、A5サイズをさらに半分に切った、
A6サイズ(ポストカードくらい)のもの。

A6サイズで印刷せず、A5サイズで印刷して、
あとは自分たちで切るようにします。
(切らずにミシン目を入れるというGoodアイディアも・・詳しくは後日)

つまり、一度の印刷で2種類つくるんです。
ひとつはNPO広報担当者向け。
もうひとつはデザインボランティア向けに。
会う人ごとに、配るものを分けられるし、
ターゲット毎にメディアを分けるというのはホント便利だと思います。

このアイディアを元に。
コウヘイさんの手により、2つのフライヤーがつながり、関わり合う、
そんな素敵なデザインへと昇華していきました。
わーい。ウキウキしました。

いくつかのデザインラフを元に、
オモテとウラそれぞれの内容を検討していきます。

例えば、こんな風に・・
「他のチラシに埋もれないようにするにはどうしたらいい?」
「カットしやすいデザインにするにはどうしたらいいか?」
「色は?問いかけ方は?文字をもっと目立たせるには?」

そして、
「サイトにアクセスしやすくするにはどうしたらいいだろう・・?」

時には二人とも黙り込み、
お互いの考えを汲み取りながら、
話がいろんなところにジャンプしつつも、
とうとうデザインが決定!


あー楽しい・・
この世のミーティングが全部こうなればいいのに。
と思わず独り言が。

入稿までもう少し。印刷が仕上がったら、また改めてご報告します。

このフライヤー、あんまりNPO業界では見たことのない「しかけ」を取り入れてます。
乞うご期待です!
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント