• もっと見る

«チームワークで臨む その2 | Main | まとめ資料:進行のコツ»
最新の記事
カテゴリー
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新のコメント
ちちにい
サービスグラントLOUNGEレポ (07/22)
チームワークで臨む その3 [2009年04月23日(Thu)]


チームワークづくりは、各メンバーの意識づけから。
とはいうものの、人の意識を変えるのって難しいですよね。

そんなときは・・・形から入ってしまいましょう。

(手前味噌で恐縮ですが)
チームとしての一体感をつくりだすために、
私はこんなツールをつくり、実践しています。

その名も・・・
チームワーク・リマインディングカード
(長い!)
まずは、GEICさんの利用ガイドを制作させていただいたときのカード。



ミーティングをする際は、参加する全員がこのカードを首から下げるようにしました。
「全員がひとつのプロジェクトの一員なんだ」という
意識づけをするのに一役買ったと思います。

プロジェクト名は、「?→!(なるほど)GEIC プロジェクト」
プロジェクト名は一緒に考えて決めました。

(あ、プロジェクトに名前をつけるっていうのも、
 チームづくりの面で、結構アリだと思います)


オモテ面には、プロジェクト名を。
ウラ面には、「意気込みをヒトコト!」と題して、
プロジェクト当初の各人の想いを書き込んでもらうようにしました。

コメントを書き込めるところがミソでして。
プロジェクトが進行していくと、初心をつい忘れがちになってしまうんです。
でも、例えばこのプロジェクトに関する個人業務をするときに、
カードのウラ面を見ることで、初心を振り返る(リマインディングする)ことができます。

私も、デザイン業務の際にはこのカードを首から下げて、
行き詰まったら裏面を見ることで、モチベーションを維持することに努めました。

精神的にしんどいときや、方向性選びに迷った時、そして
何のためにこのプロジェクトをするんだろう・・・
と漠然とした不安を感じてしまったときに使えるツール。オススメです。


次は、このブログでも何度か取り上げている荒川クリーンエイド・フォーラムさん。
こちらの団体のパンフレットを制作させていただいたときのもの。



オモテ面には、「あら!!!(   )プロジェクト」とし、
各人が好きなワードを書き込めるような遊びを取り入れました。
裏面はGEIC同様、意気込みを書き込む欄を設けました。

プロジェクトのはじめの頃に、カードづくりをしたのですが、
ワイワイガヤガヤ・・・
「何を書こう?」
「えー、そんなのアリ?」
・・・ワイワイガヤガヤ

という楽しい雰囲気が自然と生まれました。

なので、
プロジェクト最初の打ち合わせ、キックオフミーティングの際に、
アイスブレークの手法として、このカードづくりを取り入れるというのもアリだと思います。

意気込みを文字にすることで、各人の想いが明確になり、
お互いの想いを共有する機会にもなります。

また、プロジェクトが終わったとき(制作物が完成したとき)に
振り返り会を開催して、このカードに書いたことをもとに
自己評価することもできるのではないでしょうか。


他に、共通のグッズを携帯するというやり方で言うと、
Tシャツをつくるという手もあります。

エコ住宅の新しい取り組みとして各種メディアで
とり上げられている「畑がついてるエコアパート」

そのプロジェクトの過程で、
メンバーの一体感をつくり出すために
こんな素敵なTシャツが制作されました。

エコアパTシャツデザイン
https://blog.canpan.info/eco-apa/archive/220
上棟式その2
https://blog.canpan.info/eco-apa/archive/247
(畑がついてるエコアパートをつくろう)


共通グッズというのは、チーム意識を後押しするツールだと思います。
「チームで取り組もう」という潜在意識、
各人の小さな想いの背中を、ポンと押す役割があるんではないでしょうか。

「チームワークでいきましょう!」と声高に叫ぶのもいいですが、
時には形から入るというのもいいかもしれません。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント