• もっと見る

«さらに上を目指す人向けの制作オリエン その2 | Main | プロの最前線から、デザインの頼み方/頼まれ方を学んでみる»
最新の記事
カテゴリー
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新のコメント
ちちにい
サービスグラントLOUNGEレポ (07/22)
意欲を削ぐNGワードと、やる気を上げるコツ [2009年04月09日(Thu)]


デザインボランティアの心の燃料、つまりは制作意欲・やる気を
いかにUPさせるかは、重要な課題であると思います。
金銭報酬の無い仕事であれば、なおさらのこと。

たとえそのボランティアに高い参加意欲があったとしても、
そのことに頼ることなく、意欲UPのために積極的に働きかけていきましょう。

そこでまず、逆の発想をしてみました。
意欲をDOWNさせてしまうNGワードは何か、を元に
意欲をUPさせるコツについてまとめていきますね。
どんなことを依頼段階で言われたら、
意欲DOWNにつながるか、自分の経験と周りのデザイナーに
きいてみた代表的なNGワードを挙げていきます。
(あくまで参考程度に・・)


まずはこれです。
「適当で」

例えば・・
「背景の色は適当でいいです」
「文字の飾りとかは適当にお願いします」
「そこらへんは、適当にパパッとお願いします」

・・・個人的には抜群の破壊力ですね。

これは「適当」という言葉が持つ二面性に起因していると思われます。
いい意味と、悪い意味、両方ありますから。

「適切」という意味で使ったとしても、
どうとるかは相手次第だったり、前後の文脈にもよります。

いくら重要性が低い部分だからといって、
適当にしていい仕事なんて、プロ意識の高い人にとってみれば苦痛に感じるはず。

つくるものの重みが、一気に軽々しくなってしまうNGワードです。


続きましてこちら。
「おまかせで」

この言葉を使えるのは、
・相手が懇意な間柄(以心伝心が可能)である場合
・十分な金銭報酬があるなど、依頼主とデザイン側の力関係に差がある場合
だけなんじゃないでしょうか。

この言葉を使われたときには、
「丸投げする気か」と身構えてしまいます。

とはいっても、「任せる」という言葉に罪はありません。
デザインに関する一切のものごとを委譲するぐらいの気概があれば、
ぜひ使っていただきたいと思います。

ただし、その際には、
出てきたデザイン案に対して一切の手を加えない、口を出さないように。
おまかせするって、そういうことだと思います。


そして、
「つまらない仕事かもしれませんが」

簡単すぎて、(規模が)小さすぎて、マイナーすぎて、
つまらない仕事と思われるかもしれない・・なんて
謙遜してしまう気持ち、分かります。

でも、そんなに自分の活動を卑下しないでください。

そんなことを言ったら、
「じゃあ今から私は、つまらない仕事をしなくちゃいけないのか」
「つまらない仕事だから、自分のところにまわってきたのか」

と思われてもしかたないです。

NPOの活動であれば、そこには必ず大義があるはず。

簡単でも、小さくても、メジャーじゃなくても、
誇りを持って、胸を張って、その制作物の依頼をしてください。


今からつくる制作物の、「重要性」「社会に与える好影響」
伝えてあげてください。

その制作物が、短期的に何の成果に結びつき、
最終的にはどんな社会的課題の解決につながるのか、
その道筋を魅せることは、
モチベーションマネジメントで言うところの「ラダー効果」にあたります。

ラダーとは、はしご(ladder)。
はしごを登るように、現在の業務からその先の最終目標までたどっていくことで、
目の前の仕事に対する意義を感じさせる効果のことを言います。

ラダー効果ついては、有名なたとえ話があります。
「レンガ職人 モチベーション」でgoogle検索してみてください。


・・・
小さくても勇気づけられるシナリオ(夢)を(多少誇張してもいいので)持たせること、
そしてその夢をかなえるための一助になることの喜びを、
ボランティアに持ってもらうこと。

これが、意欲をUPさせるコツなんじゃないかと思います。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
ちちにいさん

コメントありがとうございます!
「おまかせで」は、使い方の工夫が必要だと思います。
意欲を高めるような使い方ができればいいんですが。

「おまかせで」と言えば、
(特活)ハンガー・フリー・ワールドさんへ
ヒアリングに行ったときにいただいたお言葉を思い出します。
https://blog.canpan.info/nposc/archive/8

以下、抜粋しますね。
> 「デザイナーさんに"おまかせで"なんて、ありえません!」
> と言い切った内山さんの言葉・意識の高さにしびれました。
> 丁寧な準備があってこそ、デザイナーの力も活きてきます。
> その準備を怠らず、常に努力を続けているNGOにだけ、
> いい人材が集まってくるのだと思います。

「おまかせで」と言われて、逆にチャレンジ精神が盛り上がるような
デザインボランティアであればいいんですが・・
うーん、やっぱり最初の仕事とかでは、避けた方が無難なNGワードだと思います。

ちちにいさんのブログ、おもしろいですね!
RSS登録いたしました!これからもどうぞよろしくお願いしますっ!!
Posted by: 林田  at 2009年04月10日(Fri) 19:37

心に刻みます。
おまかせっ!とか気楽にいっちゃいそうだもん。
Posted by: ちちにい  at 2009年04月10日(Fri) 08:14