CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 今日のできごと | Main | 昨日のできごと »
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

でんでんむしの家さんの画像
でんでんむしの家
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
流れ星
目の前のこと (01/12) えみ
目の前のこと (01/11) 「でんでん」中下
壊れた扇風機 (02/04) emiJ
壊れた扇風機 (08/24) 「でんでん」中下
ウチワをリサイクル (07/16) のびのび
ウチワをリサイクル (07/16) 「でんでん」なかした
立ち止まる (07/15) emiJ
立ち止まる (07/15) 「でんでん」中下
七夕を楽しむ (07/08) ★はやかわ★
七夕を楽しむ (07/04)
リンク集
https://blog.canpan.info/denden/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/denden/index2_0.xml
作ってみました♪[2015年07月01日(Wed)]
6月も半ば・・・と書いていたら、7月になってしまいました。
もう1年も半分過ぎてしまいましたね。
何をしていたのか最近では、記憶も曖昧になってきました(^^;)

今日は新聞折込で、肉祭り!!と載っていたので「焼肉食べたいね」「たまにはいいなぁ〜」と、隣にいた利用者さんと笑いながら話しました。暑くなってくるとスタミナつけたくなりますね。
しかし、梅雨入りして蒸し蒸しする日もありますので、体調や食中毒には気をつけていきましょう!


少し前になりますが、でんでんむしの家では、ホットプレートで作るクッキーを職員が本で見つけ、柔らかいから利用者さんにも良いかもしれない!ということで、利用者さんと一緒に作ることにしました(*^^*)

ホットプレートクッキーは、きなこ味だそうで、きなこをふんだんに使って生地を作り、利用者さんにはいろんな型で抜いてもらいました。
DSCF0580.JPG

DSCF0583.JPG

最初は慣れないことで戸惑い気味だった利用者さんも、さすが女性ということで、次第に慣れた手つきになり、かわいらしい型で抜いた生地がたくさん出来上がりました♪
それをホットプレートに並べて、焼きました。

DSCF0586.JPG
名前入りです!

じっくり低温で焼かれていくクッキーハート
部屋中に、きなこの香ばしい匂いが充満していました。

利用者さんも「おいしい」と笑顔がこぼれていました。
やっぱり自分で型を抜いたクッキーは一段とおいしさが増したようですね(^Ԑ^)
にがうりのジュース[2008年08月24日(Sun)]


今日は雨が降ったり止んだり。ざくろの実も色づいています。


「でんでん」を手伝ってくれている方から『にがうり』を頂きました。



その方はジュースにしていると聞き、試してみました。

一本はちょっと勇気がいるので半分だけジュースにしました。

ちょっと見たところクリームソーダのようでおいしそうです。
いやいやこれはにがうりだ、騙されてはいけない、苦いはずだと言い聞かせ一気に・・・。
思ったほど苦くないと思っていたら後で苦味が・・・。

今度はためしにバナナを加えてもみたけれど以外に何も加えないほうが(水は少し加えますが)シンプルかな。

すっきりとした青臭い苦味は口の中にいつまでも残らないようです。
『にがうり』は、苦いだけではなくて爽やかさも味わえる野菜なのですね。

明日来られる『にがうり』の好きな利用者さん、どんな反応か楽しみです。












障子貼り[2008年08月11日(Mon)]
今日も汗だくの1日でした汗

暑い、忙しいは禁句にしていたのですが逆にストレスが溜まりそうなくらい・・・。

昨日の『認知症フォーラム』でお聞きした内容を思い返しながら自分に渇をいれていました。



それに比べこんなに暑いのに、利用者さんは本当に元気です。お達者です。

居間と台所の間の戸をはずしているのですが、障子が破れかけていたので、思い切って障子の張替えをしました。

利用者さんのお手伝いをしました。

あらかじめ古い障子をはがして洗っておいたので今日は障子紙を戸に合わせてカッターで切りました。

うまいこと切られます。「手を切らないかな」の心配をよそに手馴れたものです。

長年やってこられたのでしょう。

糊と刷毛を職員と利用者さんとで買いに行ったのですが、戻ってから「しもたびっくり(しまった)」と利用者さん。

糊の説明書をしっかり読まれたよう。
「この糊は刷毛がいらんのやなあ。もったいなかった。」

いっしょに行った職員も利用者さんが言うまで全く気づきませんでした。

自分の仕事に責任を持っているからいろんなことに目が行き届くのですね。

また大切なことを教わりました。

責任感があって、こんなに暑いのに冷静に物事を考えておられる利用者さんを尊敬しました。

(私は、リーダー会の日程を間違えたりして・・・。ネジをしっかりまきなおして明日に備えよう。)
習字[2008年08月06日(Wed)]
毎日暑いですが、利用者さんはマイペースで元気に過ごしています。


最近、習字の道具を出す機会が多くなりました。

以前この家に住んでいた方のすずり箱をそのまま使わせてもらっています。


墨を丁寧に磨ります。墨汁がないので手間隙かけて墨を磨ります。

利用者さんがそれぞれ今日のおひるごはんのメニューを味わい深くさらさらと書きます。

今日は「なす」「とうふのお吸い物」「みそいため」・・・

利用者さんが自分で選んで書きました。みんな1枚づつ丁寧に書きました。

乾いたら並べてひらひらと貼ります。

それぞれが味わい深いできばえです。名前を小筆で書いてあるので

「あれ、私が書いたんやなあ。」

と照れくさそうです。

最初、「私は書けんわあ。」と言われるのですが半紙に向かうと女流書道家のように背筋を伸ばしてしっかりと書き上げます。



しかも皆さん、一枚目で清書びっくり
練習なしで・・・すごい

書き上げると笑顔いっぱい。

気軽に無理なく楽しく習字を取り入れています。


ほんの何分間かですが精神を集中する時間を持つことは大切だと思う。

利用者さんそれぞれの一生懸命が詰まった字はとても愛着があって本当にすばらしいです。





カフェの気分[2008年07月30日(Wed)]
今日は、おやつにシェイクを作りました。

材料は、バナナ、アイスクリーム、チョコ、豆乳です。

バナナとアイスクリームとチョコをミキサーにかけます。



バットに流し込んで冷凍庫で2〜3時間凍らせます。

凍ったものと豆乳を合わせてミキサーにかけて出来上がり。



お味のほうはどうかというと・・・

利用者さんに大好評でした。チョコはお土産の北海道の生チョコを使ってリッチなコクをだしました。飾りにミントなんかのせたら最高だったかも。
豆乳がきらいなわたしでもおいしく飲めます。

「こんなおいしいもん食べたことない。」

「バナナがはいっとるなあ。おいしいなあ。」

「めずらしもんやなあ。」

シェイクを飲んだことのある利用者さんも大絶賛。

今日はちょっとしたカフェの気分。

手作りのシェイク最高かも・・・。

午前中で帰った職員は出来上がりを見れずに後ろ髪を引かれるおもいだったそう。

大成功。思った以上においしくできた。
それに、カフェ大好きなのでちょっと気分を味わえて楽しかったまる












ウチワをリサイクル[2008年07月16日(Wed)]
今日もとても暑い日でした。

お風呂あがり等に使うウチワをつくりました。

このウチワ、山口県の宅老所「のびのび」さんを真似てつくってみたんです。

古くなったウチワを再利用しました。「のびのび」さん、いいこと教えてくれて本当にありがとうございます。



千代紙で好きな形の模様をつくり・・・いい感じです。

半紙、古いうちわの骨、千代紙、半紙の順にサンドイッチ。



洗濯糊は、スポンジを使って一気にのばし、半紙がしわにならないように慎重にぺたっ。
干して、糊を乾かします。

糊が乾くと中の千代紙がくっきりみえてきます。

縁取りは次回。千代紙の切れ端を細かくちぎって使おうと思っています。


利用者さんたち、こんなに暑いのに元気元気。
元気をもらって、しっかりパワーアップ。( ありがとうまる )


エコなことをもうひとつ。 ダンボール箱を使った堆肥作りも順調です。

小さな夢[2008年06月29日(Sun)]
今日は、雨・・・



少し前にブログでハンバーガーのことを書いたのですが、先日またその話で盛り上がってしまいました。

新聞の折込チラシにドドーンとおいしそうなハンバーガーが載っていて、それを見た利用者さんたちが 「食べてみたい音量

何とか「ハンバーガーを食べに行くツアー」を実行しようと職員たちでいろいろ話をしました。

「ドライブスルーは、はずせんなあ。」

「車を借りんとあかん。この車ではみんな乗れんし。」

「敦賀の港のほうの緑地公園で食べるのもええなあ。」

「ポテトは消化悪いからセットじゃなくてハンバーガーとシェイクのSサイズにしてお茶持ってくのはどうや。」

などなど・・・

きっと、利用者さんたちも、もちろん職員たちも楽しいだろうと思います。
きっと 「おいしいなあ」を連発するだろうと思います。

なんとか実現したいです。




思っているだけでは何も始まらない

小さな夢をかなえるには、まずその夢を言葉にしよう

きっと小さな夢に一歩近づく








ほかほか[2008年06月21日(Sat)]
今、夜勤中・・・・・

何がほかほかかというと、ダンボール箱の生ゴミ処理床。

生ゴミを埋めて1日経った昨日の夕方、土に空気を混ぜるためスコップでかき混ぜようとしたら・・・

あれっ、ちょっと土があったかい!

埋めたところと埋めてないところの土の温度が違う!

きゃー!

感激キラキラ

生き物を飼ってる気分。

かき混ぜて2度感激・・・あ、熱い。ほかほかと湯気が・・・。大げさじゃなくて本当に!
(臭いもそんなにしないし。ちょっとフルーティーな米ぬかの匂いはしてるけど。)

なんだかすごく楽しい

みんなー、うまくいっとるよー!

かわらないもの[2008年06月20日(Fri)]
いよいよ梅雨いりです。
ざくろの花も満開です。



このまえから考えていた、ダンボールを使った生ごみ処理床をみんなに相談したところ
「できるやろう。]
「分解して熱をもつのに興味あるー。」
と、とっても?乗り気だったので、やってみることに決定!

(この梅雨時に大丈夫かなあ・・・。)

まあまあ、そんなことを考えていたらいつまでたってもスタートできません。

と言うことで、さっそく昨日もう勝手に準備しはじめました。

(みんなー、やっちゃったよー。)

米ぬかと、腐葉土がなかなかうまく混ざらず、ちょっと汗をかきましたが。

昨日の生ごみももう立派に役立ちました!

エコも楽しく、興味深く
そして少しづつ・・・




「月って、どこで見てもいっしょ。ここで見る月も、砂漠のど真ん中で見る月も。
それってなんか不思議。
誰が見ても、どこで見ても月はひとつで、何もかわらない。
見上げたら、そこにある。あたりまえだけど。」


「いつ見ても、いっしょというのもすごい。
時間のズレがあってもそんなことぜーんぶ解消してくれる、かわらないものってすごい。
それをずっと大切にしたいし守っていきたい。」


















生ごみをリサイクル[2008年06月01日(Sun)]
今日も快晴



みんなで植えたきゅうりも少しづつ大きくなっています。



調理のたびにでる生ごみを何とかリサイクルできないものかと考えていたところ、
たまたま開いた雑誌にいい記事が載っていました。

楽しい、おいしい、環境にいい

段ボールを使った生ごみ処理床・・・

用意するものは

ダンボール(みかん箱くらい)、新聞紙、腐葉土、米ぬか、生ごみ、スコップ、ガムテープ

すぐ準備できるものばかりです。

でんでんむしの家で堆肥作りに挑戦・・・。みんなに相談してからですが・・・。

(さっそく、米ぬかをいただけそうなところに声をかけましょ)