CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 職員のつぶやき | Main | やってみよう »
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

でんでんむしの家さんの画像
でんでんむしの家
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
流れ星
目の前のこと (01/12) えみ
目の前のこと (01/11) 「でんでん」中下
壊れた扇風機 (02/04) emiJ
壊れた扇風機 (08/24) 「でんでん」中下
ウチワをリサイクル (07/16) のびのび
ウチワをリサイクル (07/16) 「でんでん」なかした
立ち止まる (07/15) emiJ
立ち止まる (07/15) 「でんでん」中下
七夕を楽しむ (07/08) ★はやかわ★
七夕を楽しむ (07/04)
リンク集
https://blog.canpan.info/denden/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/denden/index2_0.xml
マスク作りました[2020年04月26日(Sun)]
新型コロナウイルスが世界的に猛威を振るっています。
マスク不足解消のために利用者さんと一緒にさらしのマスクを作りました。
皆さん、それぞれの得意分野を生かして型紙を切ったり縫ったり手アイロンでの型押し等々素敵な手作りマスクができましたわーい(嬉しい顔)手(チョキ)
早く終息してほしいですねパンチ
はりきってどうぞ〜♪[2016年01月23日(Sat)]
1月も半ばを過ぎました。。
先日、新年の挨拶をしたと思ったら、今月も通りすぎていきますね(^^;)
その分、充実した日々を過ごせているのだな、と今年は前向きに考えていきます!

今年は暖冬だと言われていましたが、今月に入って各地で雪が降り、ようやく冬らしくといったところでしょうか。しかし、今月末からはまた暖かな日もあるそうで。
インフルエンザも流行っていることですし、体調に気をつけていきたいですね。


でんでんむしの家の利用者さんは、みなさんとてもお元気です!
先日も、でんでんむしの家がある郷市区のカラオケサロンに、遊びに行かせてもらいました!
いつも、その日の通いの利用者さんをお連れし、区の住民の方とふれあう機会を持たせてもらっています。この日は、男性の方が参加されておられました。

DSCF5428.JPG

「私、歌えんから〜」と、利用者さんも遠慮や恥ずかしいという思いで、自ら進んで歌われる方がおられないのですが、やはり曲が流れ始めると、みなさん口ずさんでおられます(^^)
マイクを渡すと、「いや〜・・」と言いながら、しっかり持つ!という方もおられます(^0^)
昔は、今と違って気軽に楽しめる娯楽などは無かったでしょうから、みなさん(特に女性は)歌が好きな方が多いですね!
特に人気なのが、千昌夫の星影のワルツです。
それでは、はりきってどうそ〜♪
お花見[2012年04月18日(Wed)]
今日はいい天気でした晴れ
DSCF3218.JPG
利用者さんと国吉城址へお花見に出かけました。

DSCF3210.JPG
満開の桜を見ながら
でんでん特製お花見弁当を食べました。

DSCF3217.JPG
レストランエビフライ、炊き合わせ、花見寿司、花豆,
    そうめんのすまし汁レストラン


最初は出かけるのを少ししぶっておられましたが、
「わぁー綺麗やなー」「これはしだれ桜けー」
楽しんでいただけたのでしょうか、帰り道笑顔でおられましたわーい(嬉しい顔)
             
                         byおんぷるんるん
                
おにぎり[2009年08月05日(Wed)]
  梅雨が明けたというけれど、今にも降りそうなお天気です雲


 きょうは利用者さんとお昼に食べるおにぎりを作りましたおにぎり
   @お茶碗にご飯を入れ
   Aころころ揺さぶり
   B真ん中に梅干(福井県産)を入れ
   Cさらに ころころ
   Dラップに移し 形を整え
   E海苔を巻いて出来上がり料理
  
  とっても簡単なのでお試しくださいまる
                         

   byおんぷ音符




お昼ごはん[2009年07月30日(Thu)]
でんでんむしの畑で野菜が収穫され始めました。
毎朝、利用者さんが畑のチェックをされ、その日に使えそうな野菜を収穫されます。



この前の昼食には、ちらし寿司にピーマン、とまと、冷奴には、きゅうりを使いました。

なんと、にんじん、ほうれん草、なすびなどは地域の方々からのご寄付もあり、
このシーズンは、色彩も豊かな献立が毎日並びます。

地域のみなさん、いつも新鮮なお野菜ありがとうございます。

  byおもちクローバー
勘が頼り[2009年03月06日(Fri)]
今日は一日雨でした。

うっとうしい日こそそれを吹き飛ばすくらいエネルギッシュに過ごしたいものです。

そんなときには、おなじみの「とと合わせ」です。

魚偏の漢字と色とりどりの千代紙の切り絵を使った絵合わせです。



神経衰弱やカルタとして遊べるのですがこれがなかなか奥深いのです。

右側の絵札にはその魚の特徴が面白くかかれています。

例えば「ほうぼう」ですが・・・6本足で海底をエサをさがしてほうぼう歩く。

こんなかんじです。

利用者さんも職員も「へーっ。」とか「ほーっ。」とか言いながらゲームをしています。

記憶というよりも集中力や勘が頼りのゲームです。

見事に絵が合ったときは、結構盛り上がります。

一日のうちのほんの短時間・・・今日、勘のさえてるのは誰?



*お礼*
認知症講座に出席してくださった皆様へ

忙しい中、足を運んでいただきありがとうございました。職員にとりましてもいい時間がもてたと思っています。
本当にありがとうございました。








生きていてこそ・・・[2009年02月14日(Sat)]
今日は曇り。そんな中でも玄関先の花は「いきるちから」にあふれています。



利用者さんに何気なく聞いてみました。

「今まで、一番うれしかったこと、よかったなあと思ったことは何?」

私の予想では『娘さんが生まれたこと』かなと思っていたのですが・・・。

「それは、台湾から死なんと帰れたことや。」

戦争中、台湾で20人ほどいた仲間が殆んど亡くなられたそうです。

2人だけ生きて日本に帰れたそうです。

「生きとってこその今や。」

そうやなあ、生きていたからこそ家族に恵まれたんやなあ。

「生きる」・・・黒澤監督の映画の題名にもありますが、戦争の中、台湾から無事帰れたことが
この利用者さんのすべての始まりだったのかもしれません。


「生きる」・・・今、これからがすべての始まりです。
お見舞いに行って・・・[2009年02月11日(Wed)]
山茶花の花が咲いています。




今日、利用者さんたちと病院に行きました。と言っても、受診ではなくお見舞いです。

一週間前に入院された方のお見舞いです。

ご家族さんに前もって連絡を入れておきました。

元気そうな様子をみて「元気そうやなあ、ええ顔色や。」と一安心。



予定していた外出ではなく、急に決まったことでした。
思い切ってお見舞いにいってよかったと思います。

お見舞いに行ったあと、利用者さんがふとご自分のお姑さんの話をしてくれました。

いいお姑さんだったそうです。
利用者さんが田んぼから帰ってくるといつも年老いたお姑さんが布団の中で、おいおい泣いていたそうです。
ぎゅっとしばらく抱きしめていると安心されるのか泣き止んだそうです。
夕飯の支度をしていてもずっと静かにされていたそうです。

一日中、寝ていてただただお嫁さんの帰りを待つのは気が遠くなるほど長かったのでしょう。

それをよくわかっていたからこそ疲れていても、夕飯の支度が待っていても、まず、お姑さんを抱きしめた・・・そんな優しくてたくましい若き日の利用者さん。

人の気持ちを察して受け止める、受け入れる・・・私たちも優しく、たくましくありたいと思いました。

今日もいい一日でした。
頼もしい人たち[2008年08月20日(Wed)]
お盆が終わり、吹く風が少し涼しく感じられます。
少しずつ季節が変わりつつあります。

なすびの色も深さを増しています。(葉っぱは虫食いだらけです。)



今日は利用者さん、それぞれが好きなこと、できることに一生懸命でした。

障子貼りの続きをする利用者さん・・・



途中からもう一人の利用者さんとともにお手伝いしながら午前中に全部貼り終えました。

もう一人の利用者さんは『兄弟子』で私が『弟弟子』。
二人で指示をだしてくれている利用者さんを『師匠』と呼びながら障子貼りをしました。
楽しい障子貼りでした。
障子の貼り方も教えてもらいいい時間を過ごすことができました。


障子貼りを一生懸命しているのに刺激されたのか、習字を一生懸命書く利用者さん、お昼ごはんの用意を手伝う利用者さん、編み物をする利用者さんとそれぞれが自分の時間をとても大切に過ごしていました。
それぞれが別々のことをしていたのですが、時々お互いが気になり、お互いに褒めあったり手伝いあったり・・・。

そんな関係が大切なんですね。

そんな中、編み物をしている利用者さんの髪が乱れていることに気がついた他の利用者さんが自分の櫛で髪を整えてあげていました。

そんな心配りがとても最高だと思いました。

利用者さんそれぞれが頼もしく感じられた一日でした。








食べ物に感謝[2008年08月12日(Tue)]
今日は暑い日でしたが時折気持ちのいい風がふきました。

ミニトマトを今日は35個収穫しました。



猫の額ほど・・・いえいえねずみの額ほどの畑ですが「でんでん」にはこれくらいが丁度です。
これ以上広いと管理できません。

その日食べる分だけ収穫できれば上等です。


今日のおやつはアイスクリームでした。

アイスクリームが大好物の利用者さん。目を細めて嬉しそう。

「ごちそうやなあ。もったいないなあ。」

手をあわせてから大事そうにスプーンにすくって口へ・・・。


その様子をみて思ったこと・・・

「もったいないなあ」「ごちそうやなあ」「ありがたいなあ」と食べ物への感謝の気持ちを言葉にすると周りの人も暖かい気持ちになるということ。

食べ物を残したりすると「もったいない」というが食べる前に「もったいない」というと奥ゆかしさを感じる。食べ物への感謝の気持ちもより一層深くなるのかなということ。


最近、食べ物への感謝の気持ちが少なくなっていたことに気づきました。

感謝しながら大切に食事をしようと思いました。
| 次へ