CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

民間公益の増進のための公益法人等・公益認定ウォッチャー (by 出口正之)

日本の民間公益活動に関する法制度・税制は、10数年にわたって大きな改善が見られました。たとえば、公益認定等委員会制度の導入もその一つでしょう。しかし、これらは日本で始まったばかりで、日本の従来の主務官庁型文化の影響も依然として受けているようにも思います。公益活動の増進のためにはこうした文化的影響についても考えていかなければなりません。内閣府公益認定等委員会の委員を二期六年務めた経験及び非営利研究者の立場から、公益法人制度を中心に広く非営利セクター全体の発展のためにブログをつづりたいと考えております。


<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
月別アーカイブ
タグ / 法令に基づかない指導
日本芸能実演家団体協議会 10%は正味財産1000万円以下 1000号 10年の振り返り 15か所の相違点 1人7万ドルの奨学金 1億ドル支援 1号財産 1月31日開催 27年度会計報告 30年 3時間の講演 40日 4か月 5名の入れ替わり 5日間のバーチャル国際会議 6号財産 80代おばあちゃんの町内会IT化 Cordery COVID-19 CPE CSR FAQ FAQV-3-4 IFRS IPSAS ISTR JANPIA must No one-size-fits-all approach NPO NPO会計 NPO会計基準 NPO法人 oxymoron PIC PIC Commission PICC Public Interest Commission should SIBs SIIF WEB会議 WHO YouTube YouTube配信 「主務官庁文化」の定義 「公益法人」1月号 「公益法人制度に対する世間の誤解」 「出口の最大者仮説」 「委員会のパラドックス」 「新型コロナウィルス感染症の拡大に伴う公益法人等の運営に関するお知らせ」 「柔軟・迅速」 「民都・大阪」フィランソロピー会議 「自立」と「自律」 「読み方のコツ」 『公益・一般法人』 『公益一般法人』 『公益認定の判断基準と実務』 『輝ける闇』 すべての法人がクリアーできるような設計 その理由を公表 ひょうごみんなで支え合い基金 ひょうごコミュニティ財団 みずみずしい力 もっと怒りを よくある誤解への回答 アウトサイダーから見た論理矛盾 アジア アジアより遅れ アセット・ロック アンケート イギリス インタビュー記事 インド オムロン オンライン研究会 オーストラリアの公益認定等委員会 オーダーメイドの公益事業 ガイドライン ガイドライン解釈の間違い ガバナンス ガバナンス・コード ガバナンス強化 ガバナンス有識者会議 キリン福祉財団 クリープ現象 グローバルトレント コミュニティ政策 コミュニティ財団 コラム コロナウイルス コロナ対策の変更が簡単に ゴーイングコンサーン ゴーイング・コンサーン サイロ サイロ・シンドローム サラモン サードセクター サード・セクター システム論 シーズ ジョンズ・ホプキンス大学 ジリアン・テッド スポーツ団体 セゾン文化財団 チェックポイント チャリティ チャリティ会計 チャリティ委員会 チャリティ法 チャンネル登録は文化・芸術団体への応援 ティモシー・ガイトナー テレワーク トヨタ財団 トルストイ ハギビス ハーベイロードの前提 バンコク パターナリズム漸増仮説 パブコメ パブリックコメント ヒアリング ヒトにはどれだけの土地がいるか ビジネスセントリズム ビジネスセントリズム・ギャップ ビル&メリンダ財団 ピーター・ガイトナー フィランソロピー フィランソロピーの輪 フィランソロピー名刺 フィランソロピー新時代 フィランソロピー資本 フィランソロピー銀行 フィランソロピー首都 フェイス・トゥ・フェイス ブログ プログラム関連投資 ホッチキス財団 ボルチモア ミッション遂行責任会計 ミネルヴァ書房 メセナ メッセージ モデル会計基準 ヨーロッパ財団センター リップサービス会計 リモート会議 ルールが不明確な中でのガバナンス強化 ロックフェラー ロックフェラー財団 一万床 一万床のベット供給 一億2千4百万円余の寄付 一歩前進 一般に公正妥当と思われる監査の基準 一般社団法人うちナース 一般社団法人非営利法人研究学会 一般社団財団法第202条第2項 一般財団 一般財団法人 一般財団法人かわさき市民しきん 一般財団法人日本尊厳死協会 三つの赤字 三和総研 三時間の講演 三木秀夫 三菱商事 上京 上告 上告断念 上田秋成 不正注意喚起国際週間 不毛な指導に従うな 不特定多数 不認定 不認定処分取消 不認定取消判決 中国 中国慈善の日 中央値が5名の職員 中小企業 中小規模公益組織は現金主義 中規模 中規模法人 中間支援組織 丹下甲一 主務官庁文化 主観基準 久留米大学 亀岡保夫 予算による統制 事業助成 二年連続純資産三百万円未満 人格者 他会計振替額 令和元年台風19号 令和元年度公益法人の会計に関する諸課題の検討結果及び整理について 任意適用 企業フィランソロピー大賞 企業会計 企業会計審議会 伊藤健 休眠預金 休眠預金等活用審議会 休眠預金等活用審議会委員 会計 会計報告会報告 会計士や税理士 会計学者 会計監査人 会計研究会 会計研究会へのコメント 会計研究会報告書 会計研究会最終報告 会計研究会最終報告書 会計研究会最終報告素案 会計研究学会 住友財団 佐久間毅 佐久間総一郎 佐賀未来創造基金 体温 何ができるか、何をなすべきか 何をやるべきか 余裕資金を持ってはいけない 価値的多様性 保全管理人 信頼回復はガバナンスではなく公益の増進で 個眼 側抑制 側抑制仮説 備え置き書類 入口ベース 入口ベースの緩和策 入山映 全国公益法人協会 全国申請状況 全数立入検査せず 公会計 公益 公益の増進 公益・一般法人 公益・一般財団法人4月1日号 公益一般法人 公益一般社団法人 公益会計基準改正 公益庁 公益法人 公益法人ことわざ 公益法人にはどれだけの規程類がいるか 公益法人のガバナンスの更なる強化等に関する有識者会議 公益法人の会計に関する研究会 公益法人の怒り 公益法人の概況及び公益認定等委員会の活動記録 公益法人への侮辱 公益法人への注意喚起 公益法人メールマガジン 公益法人会計基準 公益法人会計基準及び同運用指針の一部改正 公益法人会計基準改正 公益法人会計基準改正案 公益法人制度10年 公益法人制度に対する世間の誤解 公益法人制度改革 公益法人制度改革10周年特別プロジェクト 公益法人制度改革後の法人運営の課題と展望‐期待される助成財団を目指して- 公益法人制度改革施行10年 公益法人協会 公益法人室長 公益法人数の減少 公益法人研究会 公益法人等・公益認定ウォッチャー 公益法人経営者向け 公益法人絶滅危惧種論 公益法人行政 公益法人間の協力 公益目的事業 公益目的事業の黒字 公益目的事業比率 公益目的事業費率 公益社団法人 公益社団法人千葉青年会議所 公益社団法人松戸青年会議所 公益社団法人非営利法人研究学会 公益認定 公益認定委員会の法令等違反 公益認定法 公益認定法5条4号ただし書き 公益認定法第21条第4項 公益認定申請 公益認定等委員会 公益認定等委員会の英文名称 公益認定等委員会事務局 公益認定等委員会事務局長 公益認定等委員会委員 公益認定等委員会委員長メッセージ 公益認定等委員会運営規則 公益認定等委員会運営規則違反 公益財団法人 公益財団法人大槻能楽堂 公益財団法人日本尊厳死協会 公益財団法人稲盛財団 公衆衛生 公認会計士 公認会計士と弁護士の制度的相違 公認会計士の不勉強の正当化 公認会計士・監査審査会 公認会計士協会 公開 公開性 内国歳入法501条(C)3 内部留保 内閣官房行政改革推進事務局行政委託型公益法人等改革推進室 内閣府 内閣府の法令違反 内閣府令 内閣府公益認定等委員会 内閣府公益認定等委員会事務局長 内閣府公益認定等委員会委員による公益法人訪問 内閣府公益認定等委員会委員長メッセージ 内閣府公益認定等委員会議事録 内閣府研究会 再開 出口ベースの緩和策 出口正之 出席した委員の確認を得て 切れ味鋭い説明 初志 判断代置方式 判決 制度の運用ミス 制度は法人の持続可能性を考慮していない 制度存続の危機 前例がないこと 副首都 剰余金 剰余金の基本公式 剰余金の定義 剰余金解消計画 加藤正夫 加藤正夫(劔正) 助成財団 助成財団センター 動脈 勝又英子 勧告 危急存亡の秋 原丈人 収支相償 収支相償対策としての特定費用準備資金 収益一億円未満の法人 収益事業の赤字 取消し 台風19号 吉見宏 同一説 同窓会 命令 問い合わせ 問題点を示す海外 回答率 囲碁 固定資産 国・地方の公益認定等委員会委員 国会 国会同意人事 国立民族学博物館 国際NGO 国際NPO・NGO学会 国際フィランソロピー・フェロー 国際学会 国際標準化 国際財務会計報告基準 地方の公益法人 地方の合議制機関 域外NGO管理法 基本方針 基本財産である普通預金 基礎問題賞委員会・非営利法人課税WG合同会議 堀田和宏 堤清二 報告徴収 報告要求 墓守 墓守財団 声に出して読みたいガイドライン 変更 変更しなければならない議論の欠如 変更に関わる書類に限定 変更の届け出 変更の認定 変更届 変更認定 外国人寄付規制法 外部役員 大型ボタ印 大型財団 大混乱 大臣の指示 大英断 大規模 大規模法人 大規模法人、中規模法人、小規模法人 大阪 大阪からの寄付 大阪フィランソロピー首都 大阪北部地震 大阪府公益認定等委員会 大阪府公益認定等委員会メッセージ 太田達男 奈良県 委員会のパラドックス 委員長が正当な理由があると認めた場合 存在感 学校法人 孫正義 孫正義育英財団 守るべきルール 定足数 実効性 客観基準 寄付探訪 寄付者に指定されるが指定正味財産とならない寄付 専門家 将来の収支の変動 将棋 尊厳死協会 小さなことからの「公益の増進」 小山 裕 小山裕 小林立明 小柴優子 小規模 小規模法人 小規模法人の定義 小規模法人対策 山下 徹 山家 山岡義典 山崎正和 山本正 山田科学振興財団 山野目章夫 岡本仁宏 岡田彩 川柳 市民活動の聖地 市民活動を資金面で支える 市民社会の試練 平成20年度公益法人会計基準 平成28年3月末 平成30年台風21号 年度末 府令改正 弁護士 強制適用 当初の理念や考え方の再確認 形から入る 心理的抵抗 応援 恥辱的な報告書 情報公開 意見取りまとめ 慈善法 慈善活動 慈善組織 戦う姿勢 手段的多様性 手続き 持続可能性への配慮 指定正味財産 指導監督 控除対象財産 支払時不正 改正 改革の目的 改革の趣意 政府できできない企業でもできない 政府税制調査会 政権交代 新公益法人制度 新公益法人制度10年を迎えての振り返り報告書 新型コロナウィルス対策 新型コロナウイルス 新型コロナウイルス対策 新型コロナウイルス対策の理事会・評議員会・社員総会開催方法 新市民伝 新年の御挨拶 新規の公益法人 新規認定ゼロ 施行 日本と世界の財団・社団研究会 日本と世界の財団社団 日本の会計学者が海外の学者と正反対のことを言う 日本フィランソロピー協会 日本ライフ協会 日本学術会議 日本学術会議協力学術研究団体 日本尊厳死協会 日本民間公益活動連携機構 日本生命 日本語訳 日本財団 書評 最終報告素案 期待 東京証券取引所 東京都公益認定等審議会 東京電力 東日本大震災 東日本大震災復興支援財団 松原明 果敢な判断 柔軟で自由な活動 柔軟・迅速 柔軟性 柳井正 柴健次 柴研究会 査読 株主代表訴訟 標準処理期間 機動力 機能 機関決定 機関誌「フィランソロピー」 止むことを得ざる理由に基づくことなく複数回 正の規制的クリープ現象 正当な理由は等 比例原則 民事再生 民都・大阪 民都・大阪フィランソロピー会議 民都大阪 民都大阪休眠預金等活用団体 民間のみずみずしい公益活動 民間のみずみずしい力 民間公益セクター 民間有識者の委員会 民間非営利活動を促進する経済・ 社会システムの確立 気持ち悪さ 水道出てから水配る 江田 寛 決定 河島伸子 河野大臣 河野太郎 法人が泣いている 法人会計 法人会計の赤字 法人会計の黒字 法人全体の赤字 法令に基づかない指導 法令違反 流動資産 浅野史郎 混乱 混沌 清算法人 渋谷幸夫 渡辺勝也 渥美公秀 測定基準 災害対策チーム 無料公開 無駄な支出をしないように配慮 熊谷則一 爪楊枝の上げ下げの指導 爪楊枝の上げ下ろし 爪楊枝の作法の指導 片山正夫 特別顧問 特効薬 特定費用準備資金 特定非営利活動法人の会計の明確化に関する研究会 犠牲者 独立変数ではない 独立監査人 猪瀬構想 猪瀬直樹 玄人対玄人 玄人対素人 現行の公益法人制度 現金主義 現金主義対発生主義 理事会 理事会を延期する勇気 田中皓 申請ゼロ 申請書の記載事項 番場嘉一郎 異常事態 病膏肓 発生主義 発生主義原理主義 盛んな議論 監査報告書本文 監督 監督の基本的考え方 監督目安箱 相互連関性 相違説 県人会 真の公益法人改革へ 知の暴力 短期の特定費用準備資金 研究助成 社会変革推進財団 社会的インパクト債券 社会的インパクト投資 社会的企業 社会福祉法人 社会貢献活動に深みや幅が生まれない 社員総会 社員総会を延期する勇気 社団 神戸ブランド 秋田県 移行法人 税の優遇があるのだから 税制調査会 稲盛財団文化芸術支援プログラム 積立型の特定費用準備資金 立会い 立入検査 立法趣旨 競技会 第36回公益法人の会計に関する研究会 第443回議事要旨 第三期前半 第三期後半 笹川平和財団 笹川陽平 箸の上げ下げの指導 箸の上げ下ろし 米国企業財団 粗野な正義感 組織助成 結果の裁量性 統一論題 継続事業 継続事業の前提 継続事業の前提の注記 継続企業の前提 継続的専門研修 継続組織 継続組織の前提 緊急事態宣言解除 総則の変更 線が引けない 職員数の中央値は5名 能力の担保のないままの法的業務独占 脈拍 膨大な書類 自動解散規定 自己規制 自由・平等・フィランソロピー 自由・平等・博愛 芸団協 荘子 菊花の約 著しく妥当性を欠く 蓑康久 藤井秀樹 藤井聡太 血圧 行政にできないこと 行政庁 行政庁職員 行政手続法 行政改革に反する 行政機関情報保護法違反 行革担当大臣 被害 裁判 裁量権 裁量権の逸脱 複眼 要素還元主義ではない 見事 規制 規制強化 規模別公益法人 規模別法人 規程 解決策を示す日本 解説書 記者発表 記者魂 許認可のプロ 証拠隠滅 評議員会 評議員会を延期する勇気 試験 認定 認定NPO法人 認定取消 認定取消し 認定法施行規則第12条 認定法第28条第3項 認識時点基準 誕生日寄付 誤解の立法趣旨 誤解仮説 説明責任 読み方のコツ 論理矛盾 講師謝金規程 議事要旨 議事録 議事録の公開 議事録は後日 議事録削除 議事録非公開 議事録非公開の決定 議論の粗慢 議論の起点 豪雨災害 財務三基準 財務三基準の有機的連関性 財団 財政基盤安定化基金 財政安定化基金 財産管理の徹底 費消型の特定費用準備資金 費用の基本公式 賃貸等不動産の時価等の開示に関す る会計基準 賃貸等不動産の時価等の開示に関する会計基準 資産取得資金 資産運用 資産除去債務 資金分配団体 資金調達規制 踏まえたもの 軽微な変更 軽法重会 辻陽明 追加 逆撫で話法 透明性の欠如 連続研究会 連載 遊休財産 遊休財産対策としての特定費用準備資金 遊休財産規制 遊休財産額 運営規則第7条第2項 過保護体制 過程の裁量性 遠島敏行 適正な費用 適正な費用の基本公式 適正費用 選考委員会 部屋の中の象 都市伝説 酢だのコンニャクなど 酸っぱい葡萄 重症化リスク 重視すべきでない考慮要素 野口英世 野村 萬 金澤しのぶ 金融庁 鈴木勝治 開催状況の削除 開高健 間違い 間違いだらけ 間違いの糊塗 間髪入れず 関西部会 関連当事者 閲覧請求機能 阪神淡路大震災 集合的即興ゲーム 雨宮先生 雨宮孝子 雨宮孝子理事長 電子申請 電通育英会 非公開 非営利セクターに特化した不正 非営利会計 非営利会計の独自性 非営利法人 非営利法人研究学会 非営利組織 預け金 頭を下げさせていないか 頭を下げる必要がなくなった 駒形健一 高橋陽子 高知県 高裁判決 鬼気迫るブログ 黄熱病 黒字を出してはいけない 黒字を出してはいけないという誤解 黒字回避迷信 黒字迷信 17.5%が職員1名以下 6号財産 9県60河川70か所以上 APPC AVPN CIO IPSAS NGO管理法 NPO SORP