CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

民間公益の増進のための公益法人等・公益認定ウォッチャー (by 出口正之)

日本の民間公益活動に関する法制度・税制は、10数年にわたって大きな改善が見られました。たとえば、公益認定等委員会制度の導入もその一つでしょう。しかし、これらは日本で始まったばかりで、日本の従来の主務官庁型文化の影響も依然として受けているようにも思います。公益活動の増進のためにはこうした文化的影響についても考えていかなければなりません。内閣府公益認定等委員会の委員を二期六年務めた経験及び非営利研究者の立場から、公益法人制度を中心に広く非営利セクター全体の発展のためにブログをつづりたいと考えております。


<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
月別アーカイブ
期待したい大阪府の公益認定等委員会 [2017年10月02日(Mon)]
この9月に大阪府の公益認定等委員会委員長に就任された岡本仁宏関西学院大学教授が同委員会に提出した「大阪府公益認定委員会委員長就任にあたって」をFacebook上で公開しております。素晴らしい内容なので紹介させていただきます。

公益法人制度改革の当初の理念や考え方の再確認をまず掲げています。

その背景として、現状の公益法人数が増加していないという危機意識を持ち、また、フィランソロピーを通じた「⺠都・⼤阪」の実現を大阪府・大阪市が掲げている点にも言及しています。
また、小規模法人への目配り、情報公開への配慮など、本ブログが一貫して主張してきたこととも一致した考え方です。

さらに、法令ガイドライン上の大規模法人、中規模法人、小規模法人の表(本ブログの加筆版)もFacebookに掲載しています。

大いに注目していきたいものです。

国内では200名前後の民間有識者の第三者機関の委員の皆様がいます。これらの方々が、岡本先生の動きに刺激されて、この制度をより良きものにしていただけることを祈っております。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント