• もっと見る

民間公益の増進のための公益法人等・公益認定ウォッチャー (by 出口正之)

日本の民間公益活動に関する法制度・税制は、10数年にわたって大きな改善が見られました。たとえば、公益認定等委員会制度の導入もその一つでしょう。しかし、これらは日本で始まったばかりで、日本の従来の主務官庁型文化の影響も依然として受けているようにも思います。公益活動の増進のためにはこうした文化的影響についても考えていかなければなりません。内閣府公益認定等委員会の委員を二期六年務めた経験及び非営利研究者の立場から、公益法人制度を中心に広く非営利セクター全体の発展のためにブログをつづりたいと考えております。


<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
茨木市の「おにクル」 [2024年03月19日(Tue)]
 茨木市にオープンした複合施設おにクル。「育てる広場」をキーコンセプトに、ホールや図書館、子育て支援、プラネタリウム、市民活動センターなどからり目の前の芝生の広場と一体になった施設。
 建築を担当した伊東豊雄さんの「建物の中を公園のように自由に歩き回っていろいろな使い方ができるようになっています。各階の機能は“縦の道”によって互いに融け合い、吹き抜けを移動するときに目にしたことが気になれば、ちょっと寄ってみることができます」というメッセージがすべてを物語っています。吹き抜けの施設を見るだけでもとても価値があります。
 鬼の「茨木童子」。茨木市には、いたるところに鬼のキャラクターがあります。
 そのキャラクターを見た6歳の子が「怖い鬼さんも楽しそうで来たくなっちゃうところ」と思って命名したものが公募で選ばれました。
 目玉は1200名収容のゴウダホール。4月のこけら落とし公演を前に3月24日に平田オリザさんを交えて記念シンポジウムが開催されます。
 お近くの方は是非お越しください。
講演会ちらしデータ(最新) (1).jpg

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント