• もっと見る

民間公益の増進のための公益法人等・公益認定ウォッチャー (by 出口正之)

日本の民間公益活動に関する法制度・税制は、10数年にわたって大きな改善が見られました。たとえば、公益認定等委員会制度の導入もその一つでしょう。しかし、これらは日本で始まったばかりで、日本の従来の主務官庁型文化の影響も依然として受けているようにも思います。公益活動の増進のためにはこうした文化的影響についても考えていかなければなりません。内閣府公益認定等委員会の委員を二期六年務めた経験及び非営利研究者の立場から、公益法人制度を中心に広く非営利セクター全体の発展のためにブログをつづりたいと考えております。


<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
大阪財団・社団連合会が公益活動推進の日オンラインイベントを開催(2月1日 [2024年01月25日(Thu)]

「民都・大阪」フィランソロピー会議が提案して、設立された大阪財団社団連合会が、このほど、公益活動推進の日を設定して、大阪の財団・社団の活動をZOOMで紹介いたします。

人間国宝の能楽師大槻文蔵さんや、今年4月に10代目豊竹若太夫の名跡を継いで、11代目若太夫を襲名する予定の豊竹呂太夫さんをはじめ、活発な活動を展開する財団・社団の活動が紹介されます。


参加費は無料で、参加登録は

https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZckcemrpj8qGNWaRee-4WQK16b7BYDMN7Y9

からお願いします。登録後、ZOOMから自動的にURLが送付されます。


公益活動推進の日オンラインイベント


〜公益活動が拓く未来〜

令和6年2月1日(木)午前10時から

プログラム

 9時30分 ウェビナー入室

10時00分 午前の部 開 会    

大槻能楽堂90年 能楽の伝統と創造 その現状と課題(仮) 

      (公財)大槻能楽堂理事長 人間国宝 大槻文蔵

アーツサポート関西の取り組み           

  (公財)関西大阪21世紀協会理事長 崎元利樹

つながりを追い求めて              

 (公財)りそなアジアオセアニア財団 専務理事 恒田和徳

元気な高齢者の生きがい就労が地域を支える 

       (公社)門真市シルバー人材センター 理事 和多幸司

13:00 午後の部 開演

     「文化都市・大阪」の民の力   

                                    国立民族学博物館長 𠮷田 憲司

                                   

先もたち、われも立つ 共生の論理で新しい時代を生きる

 心学明誠舎の活動    (一社)心学明誠舎 副理事長 長谷川恵一

「UMEDAI〜人生を変える大学〜の歩み、そしてこれから

            (一社)未来教育推進機構  事務局長 川上雄一郎

   

 第11代豊竹若太夫襲名の抱負と文楽の今後

     豊竹呂太夫師匠に聞く                六代豊竹呂太夫

  

     聞き手 中之島芸術文化協議会世話人    和田誠一郎

(敬称略)


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント