CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

民間公益の増進のための公益法人等・公益認定ウォッチャー (by 出口正之)

日本の民間公益活動に関する法制度・税制は、10数年にわたって大きな改善が見られました。たとえば、公益認定等委員会制度の導入もその一つでしょう。しかし、これらは日本で始まったばかりで、日本の従来の主務官庁型文化の影響も依然として受けているようにも思います。公益活動の増進のためにはこうした文化的影響についても考えていかなければなりません。内閣府公益認定等委員会の委員を二期六年務めた経験及び非営利研究者の立場から、公益法人制度を中心に広く非営利セクター全体の発展のためにブログをつづりたいと考えております。


<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
月別アーカイブ
内閣府公益認定等委員会事務局長に北川修氏 [2022年06月29日(Wed)]

内閣府で人事異動があり、北原久氏に代わり、北川修氏が公益認定等委員会事務局長となりました。このところ同事務局長ポストが1年で異動となっています。

 

北原氏は公益財団法人助成財団センターのフォーラムでFATF問題の重要性を指摘するなど大きな足跡を残されました。

 

北川修氏も「公益の増進」のために大きな力を発揮していただけるものと思います。

 

とりわけ、公益認定に関する内閣府の運用がおかしいのではないかという声が数多く寄せられている中で、

 

「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ」の論語の言葉を是非噛みしめて頂ければと思います。


内外の声をしっかりと受け止めて頂けることを大いに期待いたします。



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント