CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

民間公益の増進のための公益法人等・公益認定ウォッチャー (by 出口正之)

日本の民間公益活動に関する法制度・税制は、10数年にわたって大きな改善が見られました。たとえば、公益認定等委員会制度の導入もその一つでしょう。しかし、これらは日本で始まったばかりで、日本の従来の主務官庁型文化の影響も依然として受けているようにも思います。公益活動の増進のためにはこうした文化的影響についても考えていかなければなりません。内閣府公益認定等委員会の委員を二期六年務めた経験及び非営利研究者の立場から、公益法人制度を中心に広く非営利セクター全体の発展のためにブログをつづりたいと考えております。


<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
月別アーカイブ
直前のご案内で恐縮ですが、ヘルムート・アンハイアー教授のウエビナーのお知らせ [2020年11月03日(Tue)]
[ご参考]
非営利研究の国際学会であるISTRからのお知らせです。

直前で恐縮ですが、11月4日(ヨーロッパ時間)に非営利研究の第一人者であるヘルムート・アンハイアー教授のウェビナーがあります。日本時間では4日の夜遅く(正確には5日の午前1時)からですので、不便ではありますが、ISTR学会員は無料、非会員でも30ドルで参加可能です。
https://www.istr.org/page/OnlinePrograms#hulmut
ISTRはオンラインプロジェクトにものすごく力を入れており、ほぼ毎週何らかの行事がオンラインで開催されております。

ISTRは本部事務所を米国ジョンズ・ホプキンス大学内においておりますが、世界約80か国の会員からなる独立した国際学会です。本部を米国においているために、米国内国歳入庁のIRC501条(3)Cの非課税・所得控除団体です。

お勧めしにくい時間帯ですが、超大物のウエビナーですので、直前ですが、お知らせいたします。



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント