CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

民間公益の増進のための公益法人等・公益認定ウォッチャー (by 出口正之)

日本の民間公益活動に関する法制度・税制は、10数年にわたって大きな改善が見られました。たとえば、公益認定等委員会制度の導入もその一つでしょう。しかし、これらは日本で始まったばかりで、日本の従来の主務官庁型文化の影響も依然として受けているようにも思います。公益活動の増進のためにはこうした文化的影響についても考えていかなければなりません。内閣府公益認定等委員会の委員を二期六年務めた経験及び非営利研究者の立場から、公益法人制度を中心に広く非営利セクター全体の発展のためにブログをつづりたいと考えております。


<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
月別アーカイブ
藤井聡太7段と加藤正夫(劔正):チェックポイントの使い方 [2020年07月16日(Thu)]

将棋の藤井聡太7段が史上最年少で初タイトルを取りました。

つらくて悲しいニュースが多い中でこの快挙に心躍らせた方も多いでしょう。

 将棋を語れるほどの実力はないのですが、幼いころ祖父の手ほどきを受け、気が付いていたら将棋を指していました。「気が付いていたら」というのは教わった記憶がないということです。子どもが少し興味を持っていれば、上手に教えることで駒の名前(漢字の読み方ではないと思います)や動かし方を3歳児くらいでも誰でも覚えることは可能なのでしょう。もちろんそれは駒の動かし方だけでとても「将棋」と呼べるものではなかったと思います。相手はいつも大人であり、大人は必ずわざと負けてくれていましたから、「将棋は強い」と勝手に思い込んでいた時期がありました。

 ちょうどそのころ、祖父の妹の子供、つまり祖父の甥の加藤正夫が東京へ出て木谷實門下で囲碁のプロを目指すということになりました。8歳年上の正夫も小生も当時は「マー坊」と呼ばれ、家も近く加藤さんの実家にもよく行ったので、小生も「将棋のプロに」という話が親戚の間で自然と持ち上がっていたようです。それを一笑に付してくれたのが、ほかならぬ祖父でした。おだてられてプロなど目指していたら、今頃大変な目にあっていたと思います。4歳になる前に父の関係で東京へ転居し祖父から離れましたので、以後、将棋は相手も見つからず、その時から上達がありません。将棋の才能がないのはもちろん、なにより勝率5割の世界に身を置く勝負師とは縁遠い性格で、プロを目指せという流れを止めてくれた祖父には感謝しています(囲碁はプロとなっていた加藤正夫に小学生の時に直接教えてもらいましたが、こちらもものになっていません)。

加藤正夫は最年少で本因坊戦に挑戦。その後いくつかのタイトルを取った後は、本因坊・十段・天元・王座・鶴聖の5冠や4冠に輝きました。その後も14年連続でいずれかのタイトル保持者でしたので、こちらは大成功でした。その後、55歳で本因坊に返り咲き、中年の星と注目されたことは囲碁に詳しい方ならご存知だと思います。

 ところが、その後、財団法人日本棋院理事長となった年の12月に突然脳梗塞で帰らぬ人となってしまいました。57歳の若さでした。公益法人制度改革直前のころで、日本棋院の改革に取り組んでいた最中と聞いています。「精力的に碁界改革を進め、それが生命を縮めたのかもしれません」と評されています。広い意味で公益法人制度改革の犠牲者の一人だったかもしれません。

 もう少し長生きしてもらえれば、財団法人の理事長と公益認定等委員会の委員という立場になっていたはずです。成人してからはほとんどお会いしていなかったのでとても残念でなりません。


 前置きが長くなって恐縮ですが、ここから公益認定の話になりますが、囲碁や将棋の事業はチェックポイントのどれにあたるのでしょうか?

実は(15) 競技会なのです。


(15) 競技会

ここでいう「競技会」は、スポーツ等の競技を行う大会を開催する事業のことである。法人の事業名としては、競技会、競技大会、○○大会等としている。公益目的事業としての「競技会」は、競技者に対して技能の向上の機会を提供するとともに、当該競技の普及を図ることによってスポーツ等を振興することを趣旨としている必要がある。したがって、競技会の質を維持・向上するような工夫がなされているかに着目して事実認定するのが有効であると考えられる。


チェックポイントは膨大な申請が予想される移行作業の中で(実際週に100件以上ということが続きました)、一応の公益性の目安としてチェックしていこうとするもので、認定の基準としては作られていません。その点で認定の基準としてつくられたガイドラインとは一線を画します。いろいろと議論もあったところですが、でき上がったものについては実によく考えられているように思います。将棋や囲碁は。「スポーツ等」の「等」の部分に該当します。

 この点は、公益認定等委員会の議事録にしっかり出ていますし、拙著にも解説を載せています。

「等」の文字は役人はよく使用するのですが、しっかりと定義や背景がある場合と、解釈に余裕を持たせるためと両方があるように思いますが、ここでの「等」は前者です。上記の数行の記述のために、いくつもの法人の活動を確認してでき上がったのが、チェックポイントです。

演繹的に作られたような印象をお持ちかもしれませんが、ものすごい量の情報を精査して帰納法的に作られたものです。使い方を間違えると、公益法人の活動を「型」にはめるようになってしまいますので注意が必要ですが、作った目的は、大量の公益法人の移行認定作業を効率的に行うためのものだったということを再度強調しておきたいと思います。

 ガイドラインやチェックポイントにはとにかく熟慮の後があります。委員会で質問をしていた立場からは、「そこまで考えてのこの文章か」と舌を巻くほどでした。


 藤井聡太さんの活躍を見ながらチェックポイントの文章も是非噛みしめてみてください。


【『公益認定の判断基準と実務』の最新記事】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント