CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

民間公益の増進のための公益法人等・公益認定ウォッチャー (by 出口正之)

日本の民間公益活動に関する法制度・税制は、10数年にわたって大きな改善が見られました。たとえば、公益認定等委員会制度の導入もその一つでしょう。しかし、これらは日本で始まったばかりで、日本の従来の主務官庁型文化の影響も依然として受けているようにも思います。公益活動の増進のためにはこうした文化的影響についても考えていかなければなりません。内閣府公益認定等委員会の委員を二期六年務めた経験及び非営利研究者の立場から、公益法人制度を中心に広く非営利セクター全体の発展のためにブログをつづりたいと考えております。


<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
月別アーカイブ
ガバナンス有識者会議の公開性が見事 [2020年02月11日(Tue)]

 公益法人のガバナンス有識者会議のことはこれまでもお知らせしたところです。

 昨日2月10日に、第三回の会議あったようですが、すでにホームページにアップされています。

 素晴らしいとしか言いようのない公開のスピードです。


 内容についてはいろいろとあるところでしょうが、公益法人の皆様が現場からの声を反映させることが大事だと思います。


 他方で、内閣府の同じ部署が担当しているのに.........................…。今日のところはここまでにしましょう。何を言いたいかは、ブログを読んでいただいている方には容易に分かるはずですから。



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
ガバナンス有識者会議の第一回の議事録が公開されています。https://www.koeki-info.go.jp/regulation/pdf/gov01_09_gijiroku.pdf

議論は本当に見事だと思います。議事録の公開は議論がしっかりしているときにはとても安心感を与えてくれます。
Posted by:出口  at 2020年02月11日(Tue) 22:41