• もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
https://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
長崎で「協働を企画提案する準備」研修でした! [2013年03月28日(Thu)]
昨晩は長崎市市内のNPOの方々を対象に、「協働事業を企画提案するために」
と題して、自分たちの思い(込み)や経験を熱く語るのではなく、
事業のニーズとプロセスと資源を、事実に基づいて伝えることの大切さを
お話しさせていただきました。
年度末の夜にもかかわらず、熱心にご参加いただいた約30名のみなさま、
本当にありがとうございました!

会場でお示しした資料を、下記に添付しますね。
1303_resource_raising_nagasaki.ppt

まっとうな審査・選考機関なら、感情や好みで選ぶのではなく、
あらかじめ定められた審査基準に基づいて、採点します。
国や自治体など行政からの資金ならば、納税者や、国債の返済にあたる未来の世代に、
企業からの資金ならば、株主や従業員に、
助成機関や寄付に基づく基金なら、寄付者や資金提供者に対して、
「なぜその案件を選んだのか」や「その実施方法や金額は、効果的といえるか」
という問いへの説明責任があるからです。

相手が自信を持って説明責任を果たせるように協力することが、
提案(プレゼンテーション)の基礎。
どうかこのことをしっかり念頭に置いて、申請書を書いたり、
発表審査に臨んでくださいね。
コメント
TOSS長崎の末光 秀昭と申します。
昨日はありがとうございました。
とっても勉強になりました。
 「相手のニーズに応える」
もの凄くわかりやすいキーワードです。

 全員参加の楽しい会でした。
 ありがとうございました。
プレゼン 活用させて頂きます。

Posted by:末光 秀昭  at 2013年03月28日(Thu) 10:04