• もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
https://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
那覇で「地域社会のみらいを考える円卓会議」でした! [2012年01月07日(Sat)]
今日午後は、みらいファンド沖縄主催による
「地域社会のみらいを考える円卓会議2012」に
お招きいただきました。
その際にお示しした資料を、下記に添付しますね。

また、途中でお話しした
社会的責任に関する円卓会議
地域円卓会議 in 茨城」、
雲南市の「スーパーコミュニティ法人」の総合特区申請書
上勝町の有償輸送特区を紹介された資料も、
ぜひご参照ください。

全国各地に拡がりつつある「地域円卓会議」の先駆けの
1つでもある沖縄での会議には、商工会議所青年部の代表の方、
中小企業家同友会の支部幹事長さん、ろうきんや新聞社の方、
自治会連合会の会長さんや那覇市のまちづくり協働推進ご担当の方、
そして、沖縄国際大学の先生や、NPOの方々が、着席者として
意見交換されました。

印象的だったご発言を、ごく一部だけご紹介すると、
自治会長会連合会長の眞榮城さんから、ご自身の真地(まーじ)団地
自治会で、毎週木曜日にふれあいデイサービスを、
毎週金曜日にふれあいいきいきサロン百金食堂(100円均一ランチ!)
を、実施していらっしゃるということ。
行事から、福祉と経済を担う自治会へ、という取り組みを、すでにしっかり
実践していらっしゃるということですよね。

沖縄での円卓会議は、前回と今回、お互いの状況共有に力点が
置かれましたが、今回の後半から、「この枠組みや連携のきっかけを、
どんな協働に結び付けていくか」というお話も始めていただきました。
次の機会を、楽しみにしてます!
コメント