• もっと見る

川北秀人on人・組織・地球

「地球上のすべての生命にとって、民主的で調和的な発展のために」を目的に、市民団体(NPO)・社会事業家(ソーシャル・アントレプレナー)や社会責任(CSR)志向の企業のマネジメントの支援や、市民・企業・行政の協働の支援などに奔走する、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者の毎日の、ほんの一部をご紹介します。


Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
プロフィール

川北 秀人さんの画像
https://blog.canpan.info/dede/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/dede/index2_0.xml
祝!ISO26000可決!! [2010年09月16日(Thu)]
すでに日本経済新聞などでも紹介されているので、
ご存知の方も多いと思いますが、すべての組織の
社会責任の実践のためのガイダンス文書である
「ISO26000」が、加盟各国の投票により可決されました!

準備作業が始まったのは2005年。
以来、ずっと主体的に参画し、数千人の人々が
継続的に参加する協議にすばらしいイニシアティブを
発揮された日本の産業界、特に損保ジャパンの関さんを
はじめとする方々に、心から敬意を表します。

さぁ、次は、これをどう使いこなせるかが勝負。
「ガイダンス文書ってことは、認証は要らないんでしょ?」と
甘く見ているあなた、それはまったく違います。
5年以上の時間をかけて、何十回も協議を重ねてきたのは、
途上国・新興国から先進国までが共有できる枠組みにするため。
つまり、本当のグローバル競争に生き残るための、
基礎として問われます。

すべての組織を対象にする、ということは、私たちNPOにも、
教育や医療や福祉の現場にも、行政にも、求められるということ。
この機会に、しっかり社会との接点を、棚卸してみませんか。
コメント